「短所」が好印象に!就活面接で聞かれる「短所」の見つけ方と伝え方。

自分の”良さ”をアピールする場であるはずの就活。
良く見せようと意気込んでいる中、「短所」を聞かれるとドキッとしてしまいますよね。

ですが、この「短所」をうまく答えることで、面接での印象をアップさせることだって可能なんです!
自分の「短所」と向き合って、それをうまく表現できるようにしておきましょう。

 

なぜ短所を聞くのか?

まずは、短所を聞くことで面接官が何を知りたいのかを考えてみましょう。

(1)自己分析ができているか

面接で「短所は特にありません」と答える学生がいますが、短所がない人は一人もいません。つまり、短所がないと答えることで、自分の悪いところに背を向けてしまっていることになります。短所をしっかり認識できていることは、自分を「客観的」に見れている証拠です。これはとても良いことなのです!

例えば、「集中力がありすぎて、プライベートな時間まで使ってしまうところが短所です」のように、当たり障りのないことを答えてしまうようであれば、自分の短所が見えておらず、自己分析が足りていないかもしれません。

 

(2)課題解決能力が知りたい

面接官が知りたいのは、短所そのものではありません。「短所」という課題に直面したとき、どのように解決していくのか、そのプロセスに興味があります。働くということは、”課題”を見つけて”解決する”ことの繰り返しだからです。

「短所にどう向き合い、克服・改善のための行動をどう起こしたか」を過去のエピソードと一緒に説明することで、入社後も周囲のアドバイスを素直に受け止め、仕事における向上心や成長意欲があるというイメージを与えます。

 

(3)企業との相性を図りたい

企業は、長く働いてほしいと思っています。
新入社員に任せたい職種や社風は企業ごとにそれぞれ異なりますが、人事担当者は、その組織に合った学生を採用することでミスマッチをなくすよう強く意識しています。
学生の短所を聞くことで、自社と相性が悪くないかどうかを見極めようとしているのです。

 

 

自己分析で短所を見つけ出す方法

まず、実際に自分の短所と向き合ってみましょう。

 

 (1)失敗経験からみつける

失敗経験は誰でもたくさんあると思います。幼い時からこれまでで味わった、「失敗経験」と「その時に感じた気持ち」を複数書き出してみましょう。

なかなか思いつかない…と思ったら、様々な観点で考えてみましょう。

・自分のせいで、失敗した・ミスしたと思った経験
・自分では努力はしたつもりだけれど、うまくいかなかった経験
・人と比べてうまくいかなかったと思った経験
などの観点から考えると、思い出せるはずです。

失敗経験の原因からは「短所」、その時に感じた気持ちからは「改善・克服の方向性」が見えてくるかもしれませんよ。

 

 (2)周りの人に聞いてみる

親や兄弟、友達、先輩などに自分の短所を聞く就活生もいます。そうすることは、客観的な視点で自分の短所を見つけるきっかけになります。(もちろん、長所も一緒に聞いてみてくださいね!)
周りの人から自分の短所が聞けたら、(1)の失敗経験と結びつけてみましょう。
そうすることで、短所をさらに深く受け止め、改善・克服の方向性も明確になります。

 

(3)適性診断からみつける

適性診断の受験もとてもおすすめです。
例えば、就活サイトOfferBoxに登録すると、AnalyzeU+という適性診断を無料で受験することができます。
適性診断を使用することで、自分が気付いていなかった長所・短所が見つけられます。また、短所を言語化してくれるので、具体的に短所を答えることができます。

 

これは、AnalyzeU+の受験結果です。

注目してほしいのは、【あなたの弱み】の欄です。

考えを整理する前に「とりあえずやってみる!」という精神は、長所ではありますが、「考え抜いていない」という視点では確かに短所だと言えます。また、なぜ失敗したかを考える際にも、事前に考える力は必要ですね。
このように、適性診断を受験することで、簡単に短所が見つけられます。

 

 

伝える短所は戦略的に選ぼう

「短所はごまかさず、しっかり自分と向き合いましょう!」と前述しましたが、いくつか出てきた短所からどれを選ぶかは、検討が必要です。
つまり、「どんな弱みを伝えるか」は、「最終的に自分の魅力につながるか」を前提に選ぶべきです。

1)企業が求める人材に合うものを選ぶ 

例えば、「丁寧に間違いなく仕事をすすめる」を重視する企業や職種で、「好奇心がありすぎて、考えずに行動してしまうことが短所です」と言った場合、その職種とマッチしているとは思われないでしょう。そのような企業に入社できたとしても、働きにくいかもしれませんね。
短所はごまかさず、適切な言葉で伝えることが大切です。

(2)克服のための努力をしているもの

短所を克服するプロセスを説明するには、実際に克服努力をしている短所を選ぶのが一番!
例えば、計画性がないことを弱みとしているのであれば、学生生活やアルバイトの経験から、「計画や目標を立て頻繁に振り返りを行い、遅れがでていないか確認することで、成果に繋がった」などのエピソードがあると、面接官もイメージが湧き、好印象です。

 

 

短所の書き方・伝え方と例文

面接で落ち着いて回答するため、面接に臨む前に、一度自分の短所を書き出してみましょう。
短所を書くときには、「短所(結論)⇒過去の事例⇒どう向き合っているか」という順番を意識してみましょう。

この順番を意識するだけで、格段に面接官に伝わりやすくなります!

 

最後に、短所ごとに先輩OfferBoxユーザーの回答例と、その回答例に対する人事の評価をご紹介します。自分なりの回答を作る際の参考にしてみてくださいね。

 

(1)心配性

<先輩ユーザーの回答例>

私の短所は「心配性」なところです。細かい部分まで何度も確認するので、ミスは少ないのですが、周りの人より、判断や決断したりするのに時間がかかってしまう傾向があります。

例えば、エントリーシート作成の際にも、誤字はないか、内容が抜けていないかなどが気になり何度も確認してしまいます。それによって、とても時間がかかり、効率が悪く、期限がギリギリになってしまうことなどが課題だと感じています。

今は、何度も確認するのではなく、時間をとってしっかりと確認することで「一度で」確認作業を終わらせることを意識するようにしています。そのためには、何事もできるだけ早く取り掛かってスケジュールに余裕を作ることが必要なので、スケジュール管理能力も必要だと感じています。

 

<人事に聞いた ”この回答のポイント”>

「心配性」と聞くと、最悪の結果を考えすぎる傾向があると思ってしまいます。最悪な結果をイメージできること=リスク回避能力なので、仕事の役に立つことも多い素質です!ですが、それを考えすぎて、他の業務に手が回らない状況は良くありません。リスク回避能力を持ちつつ、業務を推進することの重要性が分かっていることが好印象です。

 

(2)慎重

<先輩ユーザーの回答例>

私の短所は、「慎重になりすぎる」ところです。慎重なため、物事に丁寧に取り組み、正確さもあります。その反面、考えすぎてなかなか行動に移せないことがあります。

例えば、先日友人と旅行に行ったとき、私はとても慎重に下調べをしていたので、移動手段や観光スポットなどの情報がしっかり頭に入っていて、友人から褒められました。一方で、友人が突然提案してくる、予定外の行動には不安を感じました。私は、慎重になりすぎるという短所を克服するため、前向きに考える努力をしているので、不安ながらも友人の提案を全て受け入れました。

そうすることで、自分の知らなかった世界を知ったり、思ってもいなかった新しい経験ができること、それがとても楽しいことを身をもって感じました。

 

<人事に聞いた ”この回答のポイント”>

「慎重さ」は丁寧さ、正確さをイメージさせますが、めまぐるしく変わる環境についてこれないのではないかと不安になります。変化する状況に対応しただけではなく、新しい経験から学ぶことの重要性・楽しさなどを実体験から感じられていることがとても良いと思います。

 

(3)優柔不断

<先輩ユーザーの回答例>

私の短所は、「優柔不断」で決断に時間がかかってしまうことです。

例えば、外食でメニューを選ぶ時、大きな買い物をする時、進路を決める時など、大小問わず決断に時間がかかることが多くあります。

どうして決断に時間がかかるのか考えてみたのですが、物事のメリット・デメリットを考えすぎて、「優先順位」がつけれていないことが問題だと気付きました。メリットが大きい方、デメリットが少ない方など、その時の必要に応じて優先順位を決めれば、決断が早くなることに気がつきました。

社会人になれば1つの仕事に時間をかけられるわけではないと思いますので、これからも素早い判断ができるよう、常に優先順位をつけるクセをつけたいと思います。

 

<人事に聞いた ”この回答のポイント”>

自分の短所を認識しているだけではなく、社会人になってからどのような影響がでるのか考えられていること、さらに改善方法を追求している姿勢がとても評価できます。

ここまで自己分析と改善ができていれば、もう「優柔不断」は克服できていますね。

 

(4)マイペース 

<先輩ユーザーの回答例>

私の短所は、マイペースな所です。

アルバイト先でも、同じタイミングで入った他の人よりも覚えが遅いのではないかと思うことがよくありました。のんびりしているように見られる事もあります。先輩に同じことを質問してしまうこともあります。ただ、きちんと質問をしていたことで、分からないことや不安に感じることは全て解決できていました。

‌そのため、自分では進みが悪くても問題ないと思っていましたが、周りに心配をかけていることを知りました。コミュニケーションが不足することで、私のマイペースさが、心配や迷惑をかけてしまうことがあると学びました。それを機に、自分の目標や進捗を常に周りを共有することで、同僚の不安を取り除くようにしました。

そうやって、周りに自分の性格を理解してもらいながら自分のペースで仕事を覚えていくと、ある時から、点で覚えていた知識がつながっていき、急に理解が深まっていくのを感じました。コミュニケーション能力、そし深い業務理解が評価され、最終的にはバイトリーダーになりました。

 

<人事に聞いた ”この回答のポイント”>

「マイペース」と聞いて、なにより怖いのは「周りの意見を聞き入れられないのではないか」ということです。周りの意見の重要性、またコミュニケーションの重要性が理解できていて、さらにそれが成功体験に繋がったという経験は、社会人になってからもとても役に立ちますね。

 

(5)頑固 

<先輩ユーザーの回答例>

私の短所は、頑固であることです。自分が一旦決めたことを、覆すことが苦手です。

自分で決めたことを根気強く継続することで成功した経験もたくさんあるため、なかなか他人の助言が受け入れられませんでした。

例えば、部活動でも、チームで最初に決めたやり方を「守る」ことに必死で、「今のチームには合わないから方針を変えよう」といった提案を聞こうともしませんでした。ですが、先輩から「とりあえず、全部聞いてみてから考えても損はないんじゃないか?」と言われ、そうすることにしました。相手の意見をしっかり聞いてみると、自分の意見の足りないところを補っていることが分かりました。この経験で気付いたのは、実は、私は「折衷案」を考えるのが得意だということです。

一旦決めたことを守り抜く頑固さは必要ですが、「自分の意見だけが正しくて、他人の意見を聞きれない」ということは損でしかないことを知りました。

 

<人事に聞いた ”この回答のポイント”>

頑固な人は、「一度決めたことを最後までやり遂げる」点では決して悪い印象には繋がりませんが、融通がきかないところが不安点です。「他人の意見を聞く」という点で、融通がきかないことがあったにも関わらず、それを克服し、さらに自分の長所まで見つけ出せているところがとても良いと思います。

 

(6)飽きっぽい

<先輩ユーザーの回答例>

私の短所は「飽きっぽい」ところです。

物事を長く続けるのが苦手で、初めてのアルバイトも順調に仕事を覚えていたにも関わらず、長くは続きませんでした。

それを改善するために、次に行った塾講師のアルバイトでは、細かい目標をたくさん設定するようにしました。テストの点数をアップすること以外に、私が子供達にやってあげられることを全員分考えてそれを実行に移すようにしました。そうすると、飽きるどころか時間が足りない!とさえ感じるようになりました。

「飽きっぽい」からこそ、たくさんの目標を同時に進めることがやりがいになるのだと気付きました。

 

<人事に聞いた ”この回答のポイント”>

「飽きっぽい」と聞くと、早期退職につながってしまうイメージがあります。ですが、この回答のように、1つの仕事であっても実際には小さい仕事の集合体であることが理解できていて、それをやりがいだと思えているのはかなり好印象です!

 

 

自分のダメなところを面接の場で表現するのは勇気がいることかもしれません。ですが、先輩ユーザーの回答例は、とても良い印象を受けますよね。

短所をしっかり受け入れて克服する姿勢があれば、自信をもって面接に臨めますよ!

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る