就職浪人しようとしているあなたへ|経験者が綴る就活2年生のシビアな実情

  • LINEで送る

大学在学中の就職活動で内定が貰えず、「卒業してもう一度自力で就職活動しようかな…。」と悩まれていませんか?


卒業してから自力で就職活動をすることを「就職浪人」といいます。
似た言葉で「就職留年」というものもあります。
就職留年は、就職活動をする為に「意図的に留年する」という方法を取ることを指します。

就職浪人と就職留年。
この二つにはどのような違いがあるのでしょう。
また、実際に就職浪人をした人は、どのような就職活動を行っているのでしょうか。

就職浪人の現実と、就職留年との違いについてまとめてみました。

 

就職浪人の現実

そもそも就職浪人を選ぶ人の多くが「金銭的な事情で留年という選択肢がない」という理由で就職浪人をしています。
戦略があってあえてその選択肢を選ぶというのであれば、就職浪人はあまりオススメできる選択肢とは言えません。

金銭的に余裕がないなど、よほどの理由がない限りは就職留年を選ぶほうが賢明なのです。
その理由について、就職浪人と就職留年の違いを比較しながら説明いたします。

 

就職浪人と就職留年の比較

就職浪人 就職留年 比較

就職浪人と就職留年の違いとして、以下の点が挙げられます。

  • リソース(資金・時間など)の違い
  • 「新卒」「既卒」の違い
  • 精神的な余裕の違い

これらの違いについて、詳しく見ていきましょう。

 

リソース(資金・時間など)の違い

就職浪人をする場合、身分が学生ではないので交通費などの割引制度は受けられません。
ですが、バイトなどで得たお金を就職活動に充てることができます。
時間も十分にあるので、資格の勉強や企業研究など、出来ることは多いでしょう。

就職留年の場合、交通費の割引がきくのはもちろんのこと、大学のキャリアセンターからの紹介など、十分なバックアップを受けることができます。
更に、新卒採用サービスなどを利用できるので、選択肢の幅は広いです。
しかし、在学中の学費などがかかりますので、両親のサポートを受けるか、自力で学費を用意する必要があります。
自力で学費を用意するとなると、就職活動の時間をバイトなどに割く必要があります。

金銭的なサポートを受けられる環境にあるのであれば、留年を選ぶのが良いでしょう。

 

「新卒」「既卒」の違い

この部分に大きな違いがあります。

就職浪人を選んだ場合、「既卒者」として扱われます。

 

既卒者の場合、採用の枠としては「中途採用」という扱いになります。
そして、1年以上経っても就職先が決まらない場合、履歴書に1年以上の空白が出来ることになります。

なので、期間が伸びれば伸びる程、就職活動は不利になっていきます。

更に、面接時に空白部分で何をしてきたか、必ず聞かれる事になるので、しっかりと相手を納得させられる準備はしておきましょう。

 

就職留年を選んだ場合、卒業は1年(もしくは半年)遅れますが、「新卒者」として就職活動が出来ます。

名目上は在籍しているので、就職浪人に比べても面接の際の受け答えのレパートリーが多いです。
また、エントリーシートの添削などでサポートを受けられるので、その点でも就職活動は少し有利に進めることができます。

 

精神的な余裕の違い

以上の2つの違いから、精神的な余裕の違いも出てきます。

就職浪人の場合、時間が経つごとに不利になっていき、どんどん追いつめられることになります。
自分の精神的な部分との戦いになるので、モチベーションが長く続かない場合もあります。

しかし、就職留年の場合ですと、1年間の猶予は与えられています。
現役の就活生と足並みをそろえられるのも大きな利点ですね。

 

就職浪人が不利な理由

就職浪人 就活 不利

「新卒」というブランドを率先して採用したいという姿勢の企業はまだまだ多いです。
何故なら、多くの企業で新卒者の「将来性」を重視しているからです。

就職留年だと「留年した」というレッテルが貼られる事にもなりますが、「留年をした事実」に対しての受け答えのレパートリーの多さから、面接官を納得させやすいという点では就職留年の方がまだまだ有利です。

では、何故就職浪人が不利と言われているのかを解説していきます。

 

同じ企業を受けてもほとんどの場合落とされる

まず、就職浪人をする人の中には「第一希望の企業に入社したい」と思っている方が多くいます。
「最終面接まで行けたから、もしかしたら次は受かるかも…」という考えを持って、就職浪人を選ぶ人も中には居るようです。

しかし、上記の理由から就職浪人をするのは得策とは言えません。
何故なら、最終面接では、人柄や将来性などをしっかりと評価して合否判断がなされるからです。
エントリーシートの段階や1次面接など、まだ人数の多い段階で落ちてしまった場合を除いて再度選考に応募しても内定を貰うのは難しいでしょう。
更に、「浪人をしている間にどういった事をしてきたか」が追加で評価ポイントに追加されます。

なので、選考の難易度も前回に比べて上がることになるでしょう。

 

「浪人」に対しての社会と学生の認識の相違

浪人と聞くと多くの学生は「受験の浪人生」を思い浮かべると思います。
受験の場合ですとテストの点数が評価基準なので、過程ではなく結果のみを評価してくれます。

 

しかし、就職浪人の場合、評価するのは学校ではなく企業です。
「この人は、どのような結果をこの企業にもたらしてくれるのか」という部分を評価します。

つまり「個人としてどれだけの利益をもたらしてくれるか」を見ています。

その判断の指標として「将来性」や「人間性」などを見ているので、受験とは根柢の部分から違うという認識を持つ必要があります。

 

就職浪人をすることで出来てしまった遅れをどのようにして取り戻したか、もしくはこれからどのように取り戻していくのかを考えるようにしましょう。

 

就職浪人はいつまで許される?

就職浪人は、時間が経てば経つ程不利になっていきます。
半年から1年以内には内定を獲得する気持ちで臨みましょう。

 

就職浪人は就職留年に比べて就職活動の難易度が格段に上がる

就職浪人 就活戦略

新卒以上に価値があると思ってもらうには、それ相応の努力が必要です。
しかし、戦略として出来ることがかなり限られてくるので、難易度は格段に高くなります。

難易度が上がる3つの理由を紹介致します。

 

インターンシップや体験入社を受けるのも困難

現役の就活生等が使っている採用サービスの利用が出来ないことがあるので、就職留年に比べると、出来る事は限られてきます。

例えば、新卒採用サービスからしかインターンシップや体験入社に応募できない企業には、自分で直接連絡を取って「インターンシップに参加したいです。」「体験入社をさせていただきたいです。」と伝えなければなりません。断られてしまう可能性が高いですが、情熱で乗り越えるしかありません。

現役の就活生よりは比較的まとまった時間があるので、現役就活生にはなかなか出来ない事が出来るかもと考えられている方もいるのではないでしょうか。
しかし、新卒ではないというだけで、選択肢の幅がかなり狭まってしまうことになります。

 

大手企業を希望するなら難関資格が必要になる

企業の採用ページには、どのような資格があれば有利なのかが記載されていることがあります。

希望している企業の業界ではどのような資格が必要とされているのかを確認し、取れるものがあれば、取得を目指しましょう。
しかし、中小企業で求められるのは、資格ではなく実務経験であることが多いので、必要な資格を持っていても不採用を告げられる可能性が高いです。

なので、1年という時間を有効に使い、司法書士や税理士など難関資格へ挑戦するしかありません。

 

学生時代の経験だけでなく、就職浪人時代のエピソードも必要になる

面接の中で、「学生時代の経験」を求められることがありますが、就職浪人・就職留年をするとその間のエピソードも併せて聞かれます。

「何もしていませんでした」という答えしかないことは許されないので、どういった事に挑戦してきて、その結果何が残ったのかをしっかり答えられるようになっておく必要があるでしょう。
こういった部分では、面接でも不利になってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
就職浪人は、就職活動をする上ではかなり不利になってしまいます。
新卒者と同じ感覚で就職活動ができるとは思わない方がいいでしょう。

また、ほとんどの面接で就職浪人をして何を得たのか、どういった部分で役に立てるのかを聞かれることになります。

 

更に、学生時代の経験に付け加えて、空白期間に何をしてきたのかをまとめておく必要があるので、自身にかかる負担が大きくなるでしょう。
世間からの風当たりも強くなるため、よほどの事情がない限り就職浪人は選択肢としてあまりオススメできません。

これから就職浪人をしようか考えられている方は、もう少し考えてみても良いかもしれません。

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る