自分だけの「就活の軸」を見つけて「ブレない就職活動」をしよう!:「就活の軸」の見つけ方を考察

  • LINEで送る

就活 軸

就職活動を進めていくうえで「就活の軸は持っておこう」なんていう風にキャリアセンターや先輩から言われたけど、「結局のところ就活の軸って何?」と、答えがなかなか見つからない学生さんも少なくないのではないでしょうか。

本記事では、「就活の軸」というものが何なのか、見つけ方はあるのかについてまとめてみました。
 

「就活の軸」って何?

そもそも「就活の軸」と聞いてもあまりピンとこないですよね。
就活の軸は、大雑把に言うと「企業を選ぶうえで、ここだけは譲れないポイントのこと」です。

「入社後はこんなことに挑戦したい」「働くうえでこういったことを掲げていきたい」といったことを決めておくことを「就活の軸を持つ」と言うことが多いようですね。
企業側の考え方としても、「その企業での働き方が『学生のやりたいこと』と合っているかどうかを見定めるための一つの要素」とされています。

実際、面接などでよくある「ほかの企業でも良くない?」という、一見とても意地悪に聞こえる質問には「あなた自身が考える、他社とうちの違いを教えてほしい」という期待の意味が込められていると言えるでしょう。
しっかりと具体的な「就活の軸」を持っておけば、「〇〇だという考えを持って、御社を志望しました」と答えることができます。
 

「就活の軸」は「企業選びの軸」!ブレないための「心の支え」になる

心の支え_イメージ画像

「企業を選ぶうえでここだけは譲れないポイント」なので、「企業選びの軸」になるという考え方もあるようです。
「どんどん新しい仕事に挑戦して、自分にしか出来ないことを作っていきたい」という軸を持っている場合、「ルーティンワークが多い企業」を選ぶことはないですよね。

さらに言えば、就職活動に行き詰まり「自分にはこの業種や業界自体向いてないのかな…」と、気持ちがブレそうになったときに「でも、ルーティンワークとかは自分の性格に合ってないからもうちょっと頑張ってみよう」と踏みとどまらせてくれる役割も果たします。
 

自分の「軸」がないと、何のために就活しているのかわからなくなる

「就活の軸」は、企業側から見れば「働き方や意欲が見える指標」、学生側から見れば「企業選びの方向性を決めるもの」「心の支えにもなるもの」です。
「軸」を持っていなければ、企業としても「本心が見えなくて採用するのが怖い」と感じることがあるでしょうし、学生自身も「なにを目的に就活しているんだろう」と、ぼんやりしたまま就職活動を続けることとなります。
「就職した先の自分がどうなっているのか、どうありたいのか」を自分の中で確立しておくことが大切です。
 

「間違った軸」を持たないように何度も検証をし直す

何度もやり直す_画像

「軸」を持つことは大切ですが、「自分に嘘をついて軸を設定することが出来てしまう」のが、この「就活の軸」における落とし穴です。
例えば、本当は保守的な金融業界のような、堅実な働き方が合っているはずなのに、周りの流れに合わせて「創作意欲がとても強く、挑戦心が強いです。」という軸を持って就職活動をし、内定を得たとします。
その場合、入社した後に「なんか自分に合わないなぁ」と違和感を持ちながら仕事をすることになってしまいます。
そうなることを避けるには、「自分の本当にやりたいことは何なのか」「本当になりたい自分が何を望んでいるのか」をしっかりと考察・検証し、他者からの意見を聞きながら「確かな就活の軸」として持っておく必要があるでしょう。

 

「確かな就活の軸」を持っていても、ブレることはある

就職活動の中では、時として思い通りに事が運ばず「もうダメかもしれない」と、気持ちが揺れ動くことが色々な場面であります。

そんな時は、一度自分で決めた「就活の軸」を何度も「これで本当にいいのか?」と検証しつづけます。
そうすることで「自分だけの本当の就活の軸」が見つけられ、更に満足感の高い就職活動ができる可能性が高いです
ここからは「就活の軸」はどのように見つけることができるのかについて、紹介していきます。
 
 

自分との対話が大切!「自己分析」を確実に行うための「グラフ」作り

先ほど「自分の本当にやりたいことは何なのか」「本当になりたい自分が何を望んでいるのか」を軸として持つ必要があると言いました。
つまり、「就活の軸」は「自己分析」を通した自分との対話の中で見つけていくことができるのです。
では、自己分析とは具体的にどのようなことをするのが良いのでしょうか。

 

過去の経験から「モチベーショングラフ」をつくる

モチベーショングラフ①

過去の経験の中から、頑張った体験や成功体験だけでなく、「苦労したこと」や「その時から始めたこと」など、些細なことでも良いのでできるだけ多く書き出していきます。
モチベーションの変動に合わせてグラフ化しておくのも良いでしょう。
こうして「いつ」「どこで」「どのようにつまづき」「どのように乗り越えたか」までを詳細に書き出すことができれば、自分がどのような性格で、何を求めているのかは自然と見えてくるでしょう。
 

自分史として作っておけばエントリーシートや面接にも活かせる

幼少期から現在までをいくつかに分割し、モチベーショングラフを作っておくことで、「自分史」のようなものを作ることもできます。

「自分史」があれば、多くの人が悩み、テンプレ化しがちな長所や短所などを把握しておくことができますし、面接の質問項目でよくある「苦労した体験とどのようにして乗り越えたか」の十分な回答を用意できます。
「ここだけは譲れないポイント」との整合性も生まれるため、「本来の自分」が相手からも見えやすくなります。

 

話の盛りすぎには注意!あくまでも「本当の自分」で客観的な視点を忘れずに書く

自分史を書いていく中で、自分を良くみせようとするあまりに、見聞きした人が「それ本当のこと?」と疑問を持ってしまうほど誇張した表現は避けた方が良いでしょう。
あくまでも客観的に、「どのように行動して、周りにどのような影響を与え、それを通してこのように感じた」くらいの表現に留めておくのが良いかもしれません。

 

自分だけでなく、企業が求める人材を知ることも必要

ここまで、「自分だけの就活の軸」の見つけ方について紹介してきましたが、自分を分析するだけでは、選考の際に空回りしてしまう可能性があります。

何故なら、企業が求める人材がわからないからです。
「自分の持っている就活の軸」と「企業の持っている採用の軸」が一致して初めて「採用」となります。
企業が求めているのがどのような人材なのかも、企業研究を通してしっかりと把握しておく必要があります。
 
 

まとめ:「就活の軸」を持つことは就活だけでなく、入社後に働く自分を支える人生の柱にもなる!まずは自分と妥協なく話し合おう

「就活の軸」とは一体何なのか、について以下のようなことがわかりました。

  • 他の企業ではダメだという「あなただけの志望理由」であること
  • 「企業があなたを選ぶための指標」でもあり「就活中のあなたを支える心のよりどころ」であること

「就活の軸」は、自分の就職活動のためだけでなく、企業目線で見ても必要とされているので早い段階で見つけておいて損はありません。

「就活の軸」を見つけるために、本当の自分が何を望んでいるのかを見つけるための「自己分析」企業の考えと一致しているかを見る「企業研究」はしっかりとしておく必要があります。
「自分だけの就活の軸」を見つけておけば、入社後に働いていく中での指標を持つことができるようにもなりますし、入社後の自身のキャリア開発やその後に人生にも有効に働きます。
「自分の人生で何を目指すのか・どこへ向かうのか」を見つけるために就活はいいチャンスです。真剣に自分に向き合うことで長期的な視点でキャリアを形成していきましょう。