待ちの採用から、自社に合う人材を採用しにいく「攻める人事」に採用方針をシフトし、母集団の質・選考通過率の底上げを目指す。採用イベント間での隙間時間を活用した学生へのPUSH型アプローチを強化。


2000年、株式会社サイバーエージェントの子会社として、モバイル広告やモバイルコンテンツをメイン事業に創業した株式会社シーエー・モバイル(以下、シーエー・モバイル)。新卒採用をスタートしたのは設立から6年程度経過した頃から。少数の採用からスタートし、毎年5~6名程度の採用をしていたが、2012年入社で一気に25名を採用した。“第二創業期のカルチャーを作っていくプロセスを新卒とともに行なっていきたい”という思いから採用枠も拡大し、その採用手法も大手ナビサイトで応募を集める方法から、ダイレクトリクルーティングにシフトしてきた。
課題

時間対効果の最大化が課題。母集団の質・選考通過率の底上げ。採用イベント間での隙間時間を活用した学生へのPUSH型アプローチ。

写真 (11)

「シーエー・モバイルは、現在のフェーズを考えると、ミドルベンチャーという部類に入るのかなと思います。従業員数も全社で250名程度ですね。これくらいの規模の会社では、新卒採用担当はだいたい1,2名体制でやっていると思います。」(シーエー・モバイル 宮本さん/以下、宮本さん)

 

20~30人の採用でも、採用担当が1人ということも少なくないだろう。人事は忙しい。

 

「大手ナビ媒体に載せてしまうと、下調べもせず、なんとなくエントリーをしている層(結局のところマッチングしない学生さん)からの応募が9割を超えてしまう。母集団が大きくなるとそこに割く工数が問題となり、お断りをするのにも工数がかかってしまう。」(宮本さん)

 

ほぼ1人で対応するとなると、エントリー対応だけで相当の工数がかかる。それも、採用するための工数ならプラスだが、断るための工数は、もはや何をやっているのかわからなくなることもあるだろう。

導入

自社に合う人材を採用しにいく「攻める人事」に採用方針をシフト。逆求人系のスカウトイベントも活用していたが、さらにOfferBoxを利用して隙間時間でのプッシュ型採用を進めていくことに。

写真

「媒体掲載を完全にやめました。スカウト型の採用イベントによく出ていますね。学生さんが自分をプレゼンテーションするような逆求人スタイルのイベントが多いです。こういったイベントで出会う学生さんは、自分を商材として企業側に売り込めるぐらい自分と対峙し、これから飛び出していく社会にしっかりと目を向けている人が多く、社会に出てからも自分が決断した領域でとても活躍するんだろうなという印象です。」(宮本さん)

 

感度の高い学生は、早期からインターンに参加したり、こういったイベントに参加して、自分を磨いてきている。そのため企業からの引きも強く、優秀な学生は有名ベンチャーや外資系企業をはじめとして、何社もコンタクトをとっているケースが多い。

 

「OfferBoxは、他サービスに比べてもアクティブ率が高く、学生のプロフィールも充実しています。イベントとイベントの合間の隙間時間を活用して、オファーを送ることで有効利用できるので、導入することにしました。OfferBoxに登録している学生さんの印象ですが、就活に対するモチベーションは比較的高いですが、まだ採用イベントにまでは出ていないような学生さんが多い印象です。今後、採用市場に顕在化してくるだろうけど、今はまだ原石のような潜在層に早期からアプローチできるというのは大きいですね。」(宮本さん)

効果

2016年卒採用は、オファー送信が現在56名。承認が45名(承認率 約80%)。現在進行中。(内定出し1名)

 

スカウト型の採用イベントでは、50~60名の参加学生のうち、レジュメを見ていいなと思うのが6~8名。さらにそこから、実際に会って選考に進められる学生が2~3名とのこと。ではOfferBoxではどうだろうか。

 

「オファー送信56名→承認45名。そこから実際に会って選考に進められる学生が8名ほどですね。率も悪くないです。アクティブ率が高く、また新規登録学生もとても多いので“こういう学生と会いたい”という基準でソートをかけると、他のサービスのデータベースなら数十人しかヒットしなかったところを、何百人もの学生が表示されます。狙ったところに対するアプローチはしやすいですね。プッシュ型でこれだけセグメントがかけられるサービスはないです。」(宮本さん)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
株式会社シーエー・モバイル様が採用上で大切にしていること
「いま、人事という立場で採用担当をやらせていただいていますが、人事としての在り方を大事にしていかないといけないなと思っています。個人的な考えではありますが、企業人事には、二つの責務があると思っていて。一つは、「会社に対する貢献」。もう一つは、「社会に対する貢献」です。前者は当たり前なのですが、後者は特に心掛けておきたいなと。人事、特に新卒採用担当者が、学生さんが初めて接する社会人というケースは多く、目の前の学生さんとしっかりと向き合い寄り添うことで、「大学→社会」を繋ぐ、いわばキャリア教育の一端を担うべきだと強く思うので、僕は学生さんとの対話をとても大切にしています。」(宮本さん)

企業からすると、ミッションとして毎年採用活動を行うが、学生にとっては人生初めての就職活動だ。ただ選考するだけ、採用するだけではない、大きな社会的役割が人事にはあるのかもしれない。

「僕自身、当初コンサルティング業界を目指して就職活動をしていました。結果その業界の3社から内定をもらいながらも就職活動を続けていく過程で“自分がワクワクする業界で何かを生み出す当事者になりたい”と軸が定まり、自発性が求められる事業会社であるシーエー・モバイルに入社を決めました。肩書きも何もない今だからこそ、あまり頭でっかちにならず、この社会を構成している様々な業界、企業、社会人の元へ飛び込んでみてください。その中で多種多様な働き方や生き方と出会い、納得した決断を経て、社会に飛び込んできてほしいと思います。」(宮本さん)


会社名 株式会社シーエー・モバイル
所在地 東京都渋谷区南平台町16-28 グラスシティ渋谷4F
設立日 2000年5月31日
事業内容 広告事業・コンテンツ事業・投資事業
ホームページ http://www.camobile.com/

2015年3月31日公開 | ベンチャー