就活における企業研究のやり方を徹底解説!まずは何から始めるべき?

  • LINEで送る

就活を始めるにあたって、「何からすればいいのかわからない」という方も多いと思います。

初めての就活なので、わからないことはあって当然です。企業研究の進め方も、手探りで始める方がほとんどです。
そのため、どこから情報を集めたらいいのか、周りはどのように進めているのか、気になりますよね。

とはいえ、不安ばかりを数えても就活は前に進まないので、まずはできることから始めていきましょう。

今回は現在社会人として活躍する方に、企業研究とは何なのか、どのようなことを行えばいいのかなど、実体験をもとに語ってもらいました。


「冷めぬうち 企業の魅力を メモしとこう」

はじめまして!
私は就職活動をする上でたくさんの企業の説明会に参加し、50社以上の企業にエントリーしました。

スタートダッシュを決めたつもりがなかなか内定に至らず、ようやく採用が決まったのは大学4年生の12月というかなり遅い時期でした。その時期までになぜ採用されなかったのかというと、たくさんの企業説明会に参加・エントリーすることで満足してしまい、企業研究を疎かにしていたからです。

OfferBox就活カルタには「冷めぬうち 企業の魅力を メモしとこう」という句があります。全くその通りで、就活には小さな気付きや情報整理がとても大切です。その失敗を踏まえて、企業研究のやり方について説明していきたいと思います。

就活の企業研究はいつから始めるべき?

企業研究はいつから始めるべきなのでしょうか。

当然のことながら、入社したい企業の特徴を把握し、入社後のミスマッチを減らすためにも、企業研究はやっておくべきことです。

就活を始めたら、まずは業界研究を行いましょう。業界研究が終わり次第、その業界内にどのような企業があるのか企業研究を開始します。その後採用情報を元に、志望する企業を決めていくといった流れになります。

私の場合は、業界研究をおろそかにし、企業研究をしてエントリーしたので、エントリーした企業に一貫性がなく、志望動機も曖昧でした。そのことが、なかなか採用が決まらなかった原因でもあります。

自分に合う企業を見つけるために企業研究をしよう

企業研究には、
「興味のある業界の中から、自分に合う企業を見つける」
「企業への志望動機を具体的にする」
という2つの目的があります。

志望している企業が、業界ではどのような立ち位置なのか。競合他社とどこが違うのか。それらを見極め、絞り込むために、企業研究は重要なステップです。

また、企業研究をすることで、どうしてこの企業で働きたいのか、自分が将来この企業で何をしたいのか、という志望動機がより具体的になります。
エントリーシートや面接で「より説得力のある志望動機」を掲げるためにも、その企業への知識を深めることは重要です。

就活が始まったら企業研究の前に業界研究を行おう

就活が始まったら企業研究の前にまず業界研究を行います。企業研究の前に業界研究を行い業界の状況を把握しておけば、研究する企業も絞りやすくなります。

私は採用情報が出ていない企業に関して、「今年は採用があるかわからない」と企業研究をしませんでした。そのため、志望する企業と競合他社との比較や分析を行うことができませんでした。また、志望動機作成の際に、企業間で比較しやすい給与面や福利厚生の部分ばかりに目がいってしまい、面接の質問に十分に答えられなかったことを覚えています。

そのような失敗から、志望する企業や業界の採用情報が出ていない場合でも、他の競合企業や業界の前年のデータをまとめておくことをおすすめします。早めに行動を起こすことで、志望する企業や業界の採用情報が出た際に、すぐに比較や分析を行うことができます。

企業研究をして志望動機を明確にしておこう

しっかりと企業研究をして、志望動機を明確にしておきましょう。十分な企業研究を行わずに、ネームバリューだけで志望企業を決めてエントリーしても、「付け焼刃の志望動機」になってしまいます。

説得力のある志望動機をもとに入社したい意欲を伝えることができないと、たくさんの企業にエントリーしても採用されない可能性があります。

私はまさにこの失敗パターンでした。「たくさんエントリーすればそれだけ内定をもらえる確率も増えるだろう」と考え、志望動機が浅いまま、やみくもにエントリーしていました。その結果、多くの企業から不採用通知を受け取ることとなり、大きな回り道をしてしまいました。

企業側は「自社に関する情報や理念を把握している就活生」を積極的に採用したいと考えています。そのため、エントリーする企業を絞り、志望動機を明確にするのは重要なポイントです。


企業情報はどこから集めるの?企業研究のコツとは

企業研究をしたくても、企業の情報はどこから集めればいいかわからない、という方も多いはずです。
企業研究では「信用性の高い情報」を集めるべきですが、そういった情報はどこから集めればいいのでしょうか。

ここでは、企業の情報の集め方とそのコツを紹介していきます。

企業研究では企業のコーポレートサイトを活用しよう

ほとんどの企業は自社の事業や理念を多くの方に知ってもらうために、コーポレートサイトを作成しています。

コーポレートサイトには、就活生にとって役に立つ情報がたくさん載っています。その中でも押さえておきたい情報は、「企業概要」と「事業内容」と「プレリリース」です。

「企業概要」では企業の名前はもちろん、資本金や従業員数、企業の理念や目的までしっかりと押さえておきましょう。
「事業内容」では、その企業がどのような事業展開をしているか、競合他社と違う事業があるのかを把握しておきます。
「プレリリース」は、報道機関に向けた情報を提供する項目です。企業の動向や、重要な情報を理解するためにも、しっかりと確認しておきましょう。

企業の説明会に参加して企業研究を行おう

企業説明会は、その企業について理解を深めるチャンスです。

企業についての知識はもちろん、実際に働いている人に会って「企業の雰囲気」も知ることができます。実際に働いている人の意見は企業選びの大きな要素となりますので、積極的に質問し些細なこともメモをとることが重要です。

私自身、多くの合同説明会に参加をしたことで、今まで知らなかった企業をたくさん知ることができ、就活の幅が広がりました。合同説明会では多くの企業からパンフレットなどを通して情報がもらえるため、企業理念や採用情報を知ることができます。

そのため、企業を絞り込めていない方や比較検討の材料が欲しい方は、たくさんの企業が参加する「合同説明会」に参加することをおすすめします。

ただし、「合同説明会」に参加した場合に注意しておかなければならないことがあります。パンフレットをもらった企業すべてにエントリーしてはいけないということです。応募企業を増やすための闇雲なエントリーが良い結果を導くことはありません。

「合同説明会」は、あくまでも企業を絞り込むための比較検討の材料として利用することを心掛けましょう。

インターンシップに参加して企業研究を行おう

もっと企業についての理解を深めたいのであれば、インターンシップにも参加しましょう。

インターンシップでは、その企業の雰囲気やオフィスでの働き方などを肌で感じることができます。社員の方と親しくなれば、説明会では聞きづらいことが聞けるようになるのも大きなポイント。

また、インターンシップでは実務に深く関わるチャンスがあるので、その仕事が自分に合っているかどうか、身をもって体験することができます。


効率の良い就活企業研究のやり方・ポイント

日本にはたくさんの企業がありますので、一つ一つの企業を深く研究していくのはとても大変です。
効率の良い企業研究には、どのようなやり方があるのでしょうか。ここでは、効率の良い企業研究のやり方とポイントを紹介していきます。

企業研究のノートを作り集めた情報をまとめる

企業のコーポレートサイト、説明会、インターンシップなどで情報を集めたら、それをノートにまとめましょう。

私に足りなかったのは、説明会やインターンシップに参加し、得た情報をまとめるという作業でした。せっかく得た情報をそのまま放置していたため、エントリーシートを書く段階で企業の魅力や志望動機などを上手く整理することができず、採用情報の見直しに時間を取られることになりました。

その結果、他の就活生と似たような深みのない志望動機となってしまい、採用担当者の印象に残らない当たり障りないエントリーシートを提出することに。

どんなに有用な情報も、活用できなければ意味がありません。効率の良い企業研究をするためにも、どうしてその企業がいいと思ったのか、その企業の魅力などを気持ちが冷めないうちにしっかりとまとめておきましょう。

企業研究では信用性の高い情報・新しい情報を収集しよう

インターネットのサイトの中には、企業について「間違った情報」を載せているサイトもあります。

間違った情報を得てしまうと、自分に合っている企業であっても「自分にはマッチしない」と思い込んでエントリーを避けてしまう事態になりかねません。また、面接などで間違った情報をもとに答えてしまうと、面接官の印象も悪くなってしまいます。

企業研究では信用性の高い情報や、新しい情報を収集するように心がけましょう。

企業研究ノートから「なぜその企業で働きたいのか」を考えよう

企業研究ノートを作成したら、まとめた情報から「なぜその企業で働きたいのか」を考えましょう。

説得力のある志望動機を作るためには、十分な材料が必要です。 面接の準備では、競合他社との違いや、その会社が持つ理念を理解しておかなければなりません。

私がそうであったように、「給料が良いから」「ネームバリューがあるから」などの短絡的な志望動機はすぐに見抜かれます。

しっかりと企業研究をし、志望する企業においてどのような働き方をしたいのか、その企業にとって将来どういった利益を生み出すことができるのかといったことを考え、その理由を明確にしましょう。それらがすぐに出てこない場合は、もう一度企業研究をやり直しましょう。

まとめ

私のように就活に失敗しないためも、しっかりと企業研究をし、効率よく就活を進めましょう。
志望する企業の理念や事業内容をしっかりと把握することは、自分と企業の「ミスマッチ」を防ぐためにも重要となります。

志望動機に説得力を持たせるためにも、積極的に説明会やインターンシップに参加して企業の情報を集めてみてください。

そして、それらの情報をノートにまとめることにより、明確な志望動機が見えてきて、効率よく企業研究することができると思います。