お問い合わせはこちら

【2022年卒学生動向】早期活動学生の就職活動とサマーインターン についての意識調査

 
本レポートは、弊社OfferBoxの利用学生から取得したアンケートをもとにに作成した調査レポートです。
今回は、2022年卒の早期活動学生の就職活動とサマーインターンシップについて考察しております。

2022年卒の学生は就職活動とサマーインターンシップに対して、どのような考えを持っているのでしょうか。
企業が採用活動を計画するため、実態について2回に分けて調査しました。

 
▼第一回調査(就職活動について)
調査期間:2020年4月23日(木)〜2020年4月30日(木)
調査方法:インターネット調査
調査対象:2022年に卒業予定の大学生・大学院生
有効回答数:1,811件

▼第二回調査(サマーインターンシップについて)
調査期間:2020年4月30日(木)〜2020年5月11日(月)
調査方法:インターネット調査
調査対象:2022年に卒業予定の大学生・大学院生
有効回答数:1,073件

 

本書概要(※)

  • 2022年卒の就職活動について
  • 2022年卒のサマーインタイーンについて
  • 本書から分かること

(※)本記事は内容を一部の抜粋して掲載しております。全編を確認いただくには資料をダウンロードしてください。

 

|2022年卒の活動状況について

 
OfferBoxは、学部生の場合、2年生の2月から登録が可能となります。5月の新規登録学生数では、
21卒学生が約24,123名、22卒学生が31,441名と、昨年に比べ3割ほど増加するなど、就活への関心が高まっている状況が推察されます。

内定解禁が4年生6月という状況をみると、就活生のなかでも早い時期から就活を進めている学生群であるといえます。

2022年卒の活動状況
 

|5月時点で2022年卒の早期活動学生は、就職活動に対してどういった考えを持っているか

 

OfferBoxは2022年卒学生は2020年2月からの登録が可能となっています。
2月〜5月に登録する学生は、「志望する業種/業界で就職したい」よりも、「業種/業界問わず、自分が活躍できる企業で就職したい」の回答が上回る結果となった。

就職活動に対する考え
 

|サマーインターンシップで参加したいコンテンツとは

 

サマーインターンシップでは文理問わず「職業体験」が最も参加したいコンテンツという結果に。

サマーインターンシップで参加したいコンテンツ
 

|サマーインターンシップに一社あたり参加したい期間とは

 

学生は一社あたり、3〜5日のインターンシップに参加したいと8割以上が考えている。また1日の参加も5割を超える回答となっている。

サマーインターンシップに参加したい期間
 
 
本編ではさらに詳しい調査結果、考察を多数記載しています。


2020年5月29日公開