【エントリーシートとは?履歴書の違いは?】書く時のポイント3つ

  • LINEで送る

​​履歴書 こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本恵典です。

就活の教科書」は、内定者の視点から就職活動の情報を届けるWebメディアです。

今回はOfferBoxさんとのコラボ記事第十五弾として、エントリーシートと履歴書の違いについて解説します。

「履歴書も書いた方が良いって先輩から聞いたけど、エントリーシートと何が違うのだろうか?」「エントリーシートと履歴書を両方提出する際に、内容は重複していても大丈夫なのかな…」など、エントリーシートと履歴書の関係性について悩む就活生は多いです。

就活では必要な書類が多く、エントリーシートと履歴書は混同しやすいものの一つなので気をつけましょう。

この記事では、エントリーシートと履歴書の違いを解説しています。

併せて、エントリーシート・履歴書の内容は重複しても良いのかや、書く時のポイント注意点よくある質問も紹介しています。

この記事を読めば、「エントリーシートと履歴書を同じものだと思っていて、適当に送ってしまった…」なんて失敗も避けられます。

「エントリーシートと履歴書の違いを知って、書類を正しく提出したい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

エントリーシートとは

エントリーシートとは、選考で企業にエントリーする際に提出する書類の一つです。書類選考や、面接で質問をするときの参考資料に使用されます。

記入項目には志望動機や自己PR、学生時代に頑張ったことなどがあり、企業によってフォーマットや文字数が異なるのが特徴です。

実際に面接官と初めて対面するのは本番の面接時ですが、エントリーシートも第一印象に大きな影響を与える重要な書類です。

エントリーシートと履歴書の違いは?

エントリーシートと履歴書の違い 企業の選考には必要な書類が多く、エントリーシートの提出を求められることもあれば、履歴書の提出を求められることもありますよね。

エントリーシートと履歴書を同じものと捉えており「どちらも同じ内容を記載しても良いの?」と悩む就活生もいるかと思います。

しかしエントリーシートと履歴書は全くの別物ですので、違いを知っておくことが大切です。

まずはエントリーシートと履歴書について簡単に解説していきますね。

エントリーシート:自分をアピールするための書類

エントリーシートとは、あなたの性格や価値観、考え方などを企業へアピールするための書類です。

企業は自社が求める人材かどうかを判断するために、就活生にエントリーシートの提出を課しています。

またエントリーシートは企業がフォーマットを用意するため、受ける企業によって設問が異なります。

一般的に、エントリーシートでは下記のような設問が多いです。
==================================

==================================
これらの設問を通して、企業はあなたが自社で活躍できそうかどうかを見ています。
そしてエントリーシートに書かれている内容をもとに、企業は面接を進めていきます。

そのため、エントリーシートには面接で話すような内容を書くことが大切です。

履歴書:個人情報や経歴を伝えるための書類

一方で履歴書は、あなたが保有している資格や学歴など、これまでの経歴を記載するための書類です。

履歴書に記載した氏名や生年月日、住所や連絡先、学歴などは、従業員データとして保管されることが多いため、慎重に記入しましょう。

また履歴書はJIS規格(日本工業規格)に基づいて制作されているため、どのメーカーの履歴書を使ってもほとんど同じです。

履歴書のフォーマットを企業から指定されていない限り、基本的には市販のものを使用すれば良いでしょう。

ちなみに履歴書は公的書類にあたるため、虚偽の内容を記載してしまうと犯罪(私文書偽造)になります。

履歴書内容の虚偽が判明した場合は不採用や解雇の原因にもなり兼ねないので、履歴書には正しい内容を記載するよう気をつけましょう。

さて、ここまでエントリーシートと履歴書の違いについて説明してきましたが、違いは理解できたでしょうか。

  • エントリーシート:あなたの価値観や考え方を企業にアピールする書類
  • 履歴書:あなたが保有している資格や学歴などを記載するための書類

エントリーシートと履歴書を提出する際には、それぞれの違いを踏まえたうえで記載するようにしましょう。

OpenES(web):一斉エントリーできるエントリーシートの1種

志望する企業それぞれにエントリーシートを用意するのが面倒に感じている人は多いと思いますが、実はエントリーシートの中には一斉にエントリーできるタイプのものもあります。

例えば、リクルート社が提供する「OpenES」は、複数企業に一斉エントリーできるツールです。

必ずしも提出する企業によって毎回エントリーシートの内容を変える必要がなく、志望動機のように企業に合わせるべき内容だけを部分的に変えて提出する、という使い方ができます。

企業に自分を見つけてもらうならOfferBoxがおすすめ

「自分に合う企業が自分でもよくわからない」という人は、オファー型就活サイトのOfferBoxを使うのがおすすめです。

プロフィールを入力しておくと自分に興味をもつ企業からオファーがもらえるので、自分がまだ知らない企業や、実は自分と合っている可能性がある企業を見つけやすくなります。

エントリーシートと履歴書の内容は重複してOK

「エントリーシートと履歴書を両方提出する際に、内容は重複しても良いのだろうか?」と悩む就活生は多いです。

結論から言うと、エントリーシートと履歴書の内容は重複しても大丈夫です。
先述した通り、エントリーシートは面接の際に用いる資料、履歴書は従業員データの保管用に用いる資料で、それぞれ見ている項目が違います

エントリーシートと履歴書の内容が重複しているからと言って、それだけで減点をされるようなことはありません。

しかし一言一句同じ文言を書いていては、内容を使い回していてやる気がないと見なされてしまう可能性もあります。

エントリーシートと履歴書の内容は、適宜言葉を言い換えながら書くのが良いでしょう。

エントリーシート不要で履歴書のみ提出の場合

履歴書のみ提出の企業の場合は、履歴書の内容が書類選考や面接での質問に影響します。

履歴書がエントリーシートの代わりだと思って、志望動機や自己PRなどの内容を充実させましょう。

また、エントリーシートは企業から配布されることがほとんどですが、履歴書は自分で用意しなければならないケースがあります。

フォーマットにはさまざまなものがあるので、「志望動機欄のスペースが大きいタイプ」など、自分のアピールポイントを伝えやすい履歴書フォーマットを選ぶのがおすすめです。

エントリーシートの質問項目の例

エントリーシートは、その企業が学生に聞きたい内容が求められるため、各企業毎に聞かれる項目が異なります。

企業独自のトリッキーな質問があるケースもありますが、一般的に聞かれることが多いものを紹介します。

自己PR

質問のされ方

  • 自己PRをしてください
  • 自己紹介してください

企業がこの質問から知りたいこと

  • 学生の性格
  • 学生の強み
  • 簡潔にわかりやすく説明する力

自己PRからは、学生のアピールポイント自体を知る以外に、「初めての相手にわかりやすく伝える」説明力も、企業は見定めようとしています。
自己PRの考え方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

ガクチカ(学生時代に頑張ったこと)

質問のされ方

  • 学生時代に頑張ったことを教えてください
  • 学生時代に最も力を入れたことを教えてください

企業がこの質問から知りたいこと

  • 学生の人柄・大切にしていること
  • 学生の物事への取り組み方
  • 論理的に考える力
  • 目標達成力

いわゆる「ガクチカ」を問う質問です。成長するために、何をどのように考え、どう動いたかを知ることで、その学生が仕事において、どんな動きをしそうか、イメージを膨らませたいと、企業は考えています。

ガクチカの考え方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

志望動機

質問のされ方

  • 志望動機を教えてください
  • 弊社のどこに魅力を感じていますか
  • この業界を志望する理由を教えてください

企業がこの質問から知りたいこと

  • 自社への興味関心度の強さ
  • 情報を読み解く力
  • 学生の就活の軸

志望動機は、企業がエントリーシートで最も知りたい情報といっても過言ではありません。

志望動機の内容から、自社への入社意欲を判断したいと思っています。また、魅力を感じているポイントから、実際の企業イメージとのギャップがないか等も判断しています。

志望動機の考え方については、こちらの記事も参考にしてみてください。

性格・価値観

質問のされ方

  • あなたが働く上で大切にしたいことを教えてください
  • あなたの強み・弱みは何ですか
  • ●●の時、あなたはどうしますか?

企業がこの質問から知りたいこと

  • 学生の価値観
  • 学生の強み・弱み
  • 学生の性格と自社との相性

性格や価値観を問う質問は、自社とその学生の相性を見極めるのが目的です。ここで無理に自分を曲げると、入社後のギャップに繋がる可能性もあるため、正直に答えるのがポイントです。

考えるのが難しい短所・弱みについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

履歴書の質問項目の例

履歴書は、エントリーシートとは異なり、市販のフォーマットでの提出が求められるケースが多いです。

具体的に聞かれる内容も、基本的な内容が多いです。

履歴書で聞かれる質問

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先
  • 学歴
  • 志望動機
  • 趣味・特技

趣味・特技については、こちらの記事も参考にしてみてください。

エントリーシートの書き方のポイント

履歴書ESの書き方 エントリーシート・履歴書を書く時のポイントは、次の5つです。

これら5つのポイントを踏まえてエントリーシートを書けば、あなたの魅力を人事に最大限アピールできます。

  • 1. 共通項目の主張を一貫させる
  • 2. 伝えるポイントは絞る
  • 3. 詳細に書いても順番は崩さない
  • 4. 余白や文字数を過度に残さない
  • 5. 採用担当の立場に立って考える

それでは、エントリーシート・履歴書を書く時のポイントをそれぞれ解説していきます。

1. 共通項目の主張を一貫させる

エントリーシート・履歴書を書く時のポイント1つ目は、「共通項目の主張を一貫させる」です。

エントリーシートと履歴書には、「自己PR」「学生時代に力を入れたこと」「志望動機」などの項目が共通している場合があります。

共通項目の主張に一貫性を持たせることで、内容の信憑性が高くなり、人事も納得しやすくなります。

例えば、エントリーシートの自己PRで「協調性」が強みだと書いた場合は、履歴書の自己PRにも「協調性」が強みだと書きましょう。

2. 伝えるポイントは絞る

エントリーシートでは、伝えるポイントは絞ってなるべく簡潔にまとめることが大切です。すべてを伝えようと長々と書いてしまうと、最も主張したい部分が伝わりづらくなってしまいます。

ポイントを絞るコツとしては、エピソードを盛り込みすぎないことです。志望動機や自己PRでは根拠となるエピソードを書く必要がありますが、エントリーシートではどんな出来事だったのかが相手に伝われば十分です。

当時の自分の感情や行動、工夫したこと、経験から学んだことなどの細かな話は面接で詳しく語るようにしましょう。

3. 詳細に書いても順番は崩さない

エントリーシートを書くときも、面接での受け答えと同様に「PREP法」を守るのが基本です。PREP法とはPoint(結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(結論)の頭文字をとった言葉で、文章を組み立てるフレームワークのことを指します。

最初に一番アピールしたいポイント(結論)を伝えてから、その理由や根拠となるエピソードを伝えることで、読み手に話の内容を理解してもらいやすくなりメリットがあります。

4. 余白や文字数を過度に残さない

話を簡潔にまとめることが大切とはいっても、余白や文字数の残しすぎには注意が必要です。基本的には、必要な量の余白や文字数を設定しているケースが多いので、大幅に不足している場合は、必要な情報を網羅できていない可能性があります。

また、全体像を見渡した時にスペースがかなり残っているようなエントリーシートは、手を抜いて作成したように見えます。

大きすぎず小さすぎない文字のサイズを心がけ、できる限り余白や文字数を残さないようにしましょう。志望動機の文字数が400字なら、その8割にあたる320文字が最低限記入すべき文字数の目安になります。

手書きの場合も、記入スペースの8割程度を埋めるよう心がけましょう。

5. 採用担当の立場に立って考える

前述した4つのポイントにも共通していえることですが、エントリーシートは読み手の立場に立って考えることが大切です。「手抜きに見えないか」「読みやすい話の構成になっているか」など、採用担当からどう見えるかを常に意識しながら作成しましょう。

採用担当は自分一人だけでなく、たくさんの受験者のエントリーシートに目を通すことになります。そのなかで、どのようなエントリーシートなら自分の魅力を理解してもらえるかをよく考えながら作ってみてください。

エントリーシート提出前のチェックポイント

エントリーシートを提出する前にチェックすべきポイントは、次の5つです。

これら5つの注意点を踏まえて書けば、ビジネスマナーに沿ったエントリーシートと履歴書を書くことができます。

  • ①話し言葉や絵文字、記号を使わない
  • ②矛盾した内容を書かない
  • ③嘘をつかない
  • ④誤字脱字をなくす
  • ⑤手書きの場合は消せるボールペンを使用しない

それでは、エントリーシート・履歴書を書く時の注意点をそれぞれ解説していきます。

①話し言葉や絵文字、記号を使わない

友だちや家族とのやりとりの中で無意識に使っている話し言葉を、エントリーシートでは使わないよう注意してください。ビジネス文章にはこうした表現方法は適していません。話し言葉以外に、絵文字や「!」などの記号の使用も避けるのが無難です。

ついつい使いがちな話し言葉

  • どっち→どちら
  • ちゃんと→きちんと
  • でも/だけど→しかし
  • やっぱり→やはり
  • とっても/すごく→非常に

②矛盾した内容を書かない

エントリーシート・履歴書を書く時の注意点1つ目は、「矛盾した内容を書かない」です。

共通項目の内容が矛盾している場合、本当の内容なのかわからず、人事に不信感を与えてしまいます。

例えば、エントリーシートには「協調性がある」と書いているにも関わらず、履歴書には「チームワークが苦手」と書いた場合、内容に矛盾が生じてしまいます。

エントリーシートと履歴書を両方提出する際には、内容が矛盾しないよう気をつけましょう。

③嘘をつかない

エントリーシート・履歴書を書く時の注意点2つ目は、「嘘をつかない」です。

当たり前のことですが、エントリーシートや履歴書を書く際に、嘘の出来事を書いてはいけません。

嘘の出来事を書いたとしても、面接などで話しているうちに矛盾が生じ、バレる可能性が高いです。

また先述した通り、履歴書に虚偽の内容を記載することは犯罪にあたり、最悪の場合は不採用や解雇の原因となり兼ねません。

エントリーシートや履歴書を書く時には、ありのままの自分を記載するように心がけましょう。

万が一、嘘をつきたくなってしまった時は、こちらの記事を読んでみてください。

④誤字脱字をなくす

エントリーシート・履歴書を書く時の注意点3つ目は、「誤字脱字をなくす」です。

誤字や脱字をしてしまうと、間違った意味で捉えられてしまったり、不注意な人と思われてしまったりする可能性があります。

しかし、どれだけ気をつけてエントリーシートや履歴書を書いても、案外誤字や脱字をしてしまうものです。

エントリーシートや履歴書を書いた後は、少なくとも3回は自分でチェックして、誤字脱字をなくしましょう。

さらに余裕のある人は、友達や先輩にも見てもらい、誤字脱字だけでなく文法も確認してもらうとより良くなりますよ。

⑤手書きの場合は消せるボールペンを使用しない

手書きで作成する場合、消せるボールペンの使用はNGです。消せるボールペンのインクは熱に弱く摩擦熱で消えてしまう可能性があるため、エントリーシートのようなビジネス文書には適していません。

これはエントリーシートに限らず、あらゆるビジネス文書に同じことがいえます。他の人に書き換えられるリスクや、簡単に文字が消えてしまうリスクのあるものは、ビジネスの場では信頼性がない文書と捉えられることを覚えておきましょう。

エントリーシートを郵送する場合の送り方

エントリーシートの郵送は普通郵便で送るのが基本です。居住地域や投函時間によって誤差はありますが、通常であれば2〜3日で届きます。期限ギリギリにならないよう、余裕をもって郵送することが大切です。

エントリーシートがきちんと相手のもとに届いたか不安な場合は、特定記録郵便を利用しましょう。これは引受け時間と配達状況を記録してくれるサービスで、大切な郵便物を差し出した記録を残しておきたいときによく使われます。

似たようなサービスとして簡易書留もありますが、こちらは受取人の受領印が必要になります。わざわざ受領印を押す必要がある簡易書留は、採用担当に負担をかけてしまうため、普通郵便もしくは特定記録郵便を使うのがおすすめです。

郵送時の封筒や、同封する送付状の書き方については以下の記事を参考にしてください。
【例文あり】エントリーシートの送付状の書き方 | 郵送時のポイント,注意点も

エントリーシートと履歴書に関するよくある質問

最後に、エントリーシートと履歴書に関するよくある質問を簡単に紹介します。

  • エントリーシートと履歴書は両方提出すべき?
  • エントリーシートと履歴書は手書きで書くべき?PCでもいい?
  • エントリーシートと履歴書に修正ペンは使っても良い?
  • エントリーシート・履歴書はどこで手に入れる?

それでは、エントリーシートと履歴書に関するよくある質問をそれぞれ解説していきます。

エントリーシートと履歴書は両方提出すべき?

エントリーシートと履歴書は、基本的にはどちらか片方を提出すれば良いです。企業から求められた書類を提出しましょう。

ただし、エントリーシートと履歴書を両方提出を求められる場合もあるので気をつけましょう。

エントリーシートと履歴書は手書きで書くべき?PCでもいい?

エントリーシートや履歴書の提出方法は、企業によって異なります。

手書きの指定をされた場合は、エントリーシートや履歴書を手書きで記入しましょう。
また、オンラインでの提出を求められた場合は、手書きでなくても構いません。

エントリーシートと履歴書に修正ペンは使っても良い?

エントリーシートや履歴書を書く際、修正ペンは使わないようにしましょう。

修正ペンを使うと、不注意な印象を与えてしまうのに加えて、見た目が汚くなってしまいます。

もしエントリーシートや履歴書を書き間違えてしまった場合は、修正ペンを使うのではなく、新しい紙に書き直すようにしましょう。

エントリーシート・履歴書はどこで手に入れる?

エントリーシートは、各企業の採用HPでダウンロードできるケースが一般的です。

基本的にパソコン仕様になっているため、スマートフォンではなく、パソコンからダウンロードしましょう。

履歴書は、無料でフォーマットをダウンロードすることも可能ですが、項目内容が心配な場合は市販のものを購入するのが良いでしょう。文房具店や書店で購入できます。

エントリーシートができたらOfferBoxに登録しよう

選考のたびに一から考え直さなくてもいいように、エントリーシートは自分の中で基本的な型を作ることが大切です。

それができたら、ぜひ新卒オファー型就活サイト「OfferBox」を使ってみましょう。

OfferBoxは、あなたのプロフィールを見た企業からオファーが届く就活サイトです。

「エントリーシートをとりあえず書いてみたものの、自分の強みを上手に伝えられているか不安…」
「自分の性格とぴったり合う企業を見つけたいけど、どうすれば見つけられるか分からない」

そんな就活生は、ぜひOfferBoxを使ってみてください。

プロフィールは何度でも更新が可能で、内容によって企業からのアクセス数や閲覧数が変わることもあります。

どんな内容がどんな企業に響きやすいのか分析しながら、プロフィールを書き直すことで、自己PRなどをブラッシュアップすることができます。

また、プロフィールを充実させるほど、企業からオファーが届く確率も高くなりますよ。

まとめ

この記事では、エントリーシートと履歴書の違いを解説しました。

併せて、エントリーシート・履歴書の内容は重複しても良いのかや、書く時のポイント注意点よくある質問も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。
========================================
エントリーシートと履歴書の違いは?

  • エントリーシート:自分をアピールするための書類
  • 履歴書:個人情報や経歴を伝えるための書類

エントリーシートと履歴書の内容は重複してOK
エントリーシートの書き方のポイント

  • 1. 共通項目の主張を一貫させる
  • 2. 伝えるポイントは絞る
  • 3. 詳細に書いても順番は崩さない
  • 4. 余白や文字数を過度に残さない
  • 5. 採用担当の立場に立って考える

エントリーシート・履歴書を書く時の注意点

  • ①話し言葉や絵文字、記号を使わない
  • ①矛盾した内容を書かない
  • ②嘘をつかない
  • ③誤字脱字をなくす
  • ⑤手書きの場合は消せるボールペンを使用しない

エントリーシートと履歴書に関するよくある質問

  • エントリーシートと履歴書は両方提出すべき?
  • エントリーシートと履歴書は手書きで書くべき?PCでもいい?
  • エントリーシートと履歴書に修正ペンは使っても良い?
  • エントリーシート・履歴書はどこで手に入れる?

========================================
エントリーシートと履歴書は、基本的にはどちらか片方の提出で構いません。企業に指定された方を提出しましょう。

またエントリーシートと履歴書の両方を提出する際、内容は重複しても大丈夫です。

ただし内容に矛盾を生じさせないために、共通項目の主張は一貫させるよう気をつけましょう。

後悔のない就職活動ができるよう、OfferBoxさんの記事など、様々な情報を参考にしてくださいね。

この記事がみなさんの就活に役立てば幸いです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【この記事を書いた人】
岡本恵典(株式会社Synergy Career 代表取締役)
月間200万PVの就活メディア「就活の教科書」の編集長。
「就活の教科書」では、自己分析、エントリーシート、グループディスカッション、面接対策などの就活の基礎知識について、内定者が自身の経験を正直にお伝えしています。