事前準備のやりすぎ注意!?集団面接の目的と対策方法を徹底解説

  • LINEで送る

集団面接 対策方法 アイキャッチ

就活中の皆さん、面接対策はばっちりですか?

SPIなどのテスト対策や、個人面接の想定問答など、「しっかり対策できた!」と思っている方もいるかもしれません。
面接と聞くと、どうしても個人面接というイメージを持ってしまいますが、企業の規模によっては、集団面接を行う企業もまだまだ少なくありません。
「人前で発表しているような感じで緊張する。」「他の人の回答が気になって集中できない」など、集団面接は学生さんにとって不安要素が多いものですよね。
本記事では、企業がどんな目的をもって集団面接をしているのか、また集団面接の対策方法について紹介します。

 

集団面接とグループディスカッションの違い

まずは、集団面接とグループディスカッションの違いを明確にしましょう。
集団面接は、文字通り「複数人の集団で、面接を受けること」です。
対して、グループディスカッションは「与えられた議題に沿って、グループで論議し、結論を出す」ことを言います。

グループディスカッションは「問題解決力」や「提案力」「積極性」など、より実務的な部分にポイントを置いた選考です。
一方集団面接は、「傾聴姿勢」や「状況を把握する」などの人格的な部分にポイントが置かれます。
同じものではないので、間違えないように気を付けましょう。

 

「足切り」が目的?企業が集団面接を行うことの真意

ふるいにかけられる イメージ

応募人数がかなり多い大手企業などの場合、いわゆる「足切り」として、集団面接をしていると言われています。
1次選考のSPIなどの試験では、一定のボーダーラインを越えた全員が通過します。

通過した学生全員を個人面談していると、採用担当者としてはかなりの労力が必要になるため、更に人数を絞り込むために集団面接は行われるのです。
このように、「足切り」や「応募人数をより絞り込む」という目的で行われている集団面接ですが、当然のことながら、基準を持って選考しています。
その基準を事前に把握しておくことで、対策の方向性も見えてくるはずです。
では、企業は集団面接を行うことで、学生のどういった部分が見たいのでしょうか?
詳しく解説していきます。

 

集団面接は「集団の中の個人としての立ち振る舞い」を見ることが目的

集団面接では、個人面接と違い、
「一つの集団の中でどれだけ自己表現が出来ているか」
「集団の中での協調性などのマナーが身についているか」
という点において、明確に差が出ます。

企業側もそういった部分を見て、人物評価をする傾向があります。
しかし、表面的な立ち振る舞い方を意識しすぎることで、かえって失敗をまねいてしまうケースもあります。

 

集団面接は、原則を押さえつつ無理やり感が出ないように

集団面接で見られがちなのが、「対策本を意識するあまり、動作がぎこちなくなってしまう」という失敗です。
多くの就活サイトやブログ、対策本などで言われている「傾聴姿勢」「積極性」「自己表現」が大事という考えにとらわれてしまっていると、思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性が高いです。

例えば、傾聴姿勢を意識しすぎるあまり、不自然なほど相槌を打ってしまったり、積極性を重視しすぎて空回りしてしまったりするケースがよくあります。
そのような振る舞いは、客観的に見て「この学生は大丈夫かな…」と、心配される要素を増やしてしまうことにつながります。
それを念頭に置いたうえで、どのような対策をすべきなのかを解説していきます。

 

集団面接対策のポイントは「聞く・考える・話す」の3工程

先ほども少し触れましたが、学生がやりがちな失敗として言われるのは「自分を良く見せようとしてしまい、かえって無理やり感が出てしまうこと」です。
面接なので、「自分を良く見せたい」という気持ちが先行してしまうのも分かります。

しかし、その結果、面接官に言いたいことが上手く伝わらなかったり、過度に傾聴しすぎるあまり、周りの意見や発表に流されてしまっては意味がありません。
「聞く・考える・話す」の3工程をポイントにしつつ、いかにブレない自分を表現できるかを意識して、集団面接に臨む必要があります。

 

こんな時はどうする?「集団面接あるある」状況下での対処法

集団面接 失敗

ブレない自分を意識するといっても、本番になれば緊張などもあいまって、思うようにいかないというのが本音ではないでしょうか?
ここからは、集団面接でありがちなことを例に、そのような状況下でどのように立ち振る舞うべきなのかの一例を紹介します。
ただ、あくまでも一例であり、ここで紹介する事が明確な答えでは無いので、予行演習を重ねて、自分だけの方法を見つけてみてくださいね。

 

【1】考えていることを他の学生に言われてしまったとき

順番に回答していく場合に起こりがちなのが考えていたことを他の学生に言われてしまう」ということです。
例えば、「学生生活の中で印象に残っていることはなんですか?」という質問には、皆さんならどんな回答をしようと考えますか?
もし仮に、自分の学生生活からいくつかの出来事をピックアップするとしても、
授業・ゼミ・サークル・部活・留学・教授・友人。
種類としてはこれぐらいになるのではないでしょうか?


つまり、実際「学生生活で印象に残る出来事」の種類は数少ないのです。
このことから、集団面接で回答がかぶってしまうことは、もはや避けられないことだといえます。
「集団面接で回答がかぶること」の対策方法として、ネットや対策本では「複数回答を用意しておくこと」などがよく言われています。
確かに、その方法も有効なのですが、もし自分の順番が一番最後で、準備してきた答えを全部言われてしまったときなどに、対応できなくなってしまうでしょう。

つまり、かぶってしまった回答をどこで差別化するかが、集団面接での大きなポイントになります。

 

回答が重複したときは、むしろ自分が得たものをしっかり伝えるチャンス

そもそも集団面接で発言がかぶることを気にしすぎる必要はありません。
複数人で発表する以上、面接官も「回答がかぶること」をそこまで気にしていないでしょう。
先ほどの例でいうと、「学生生活で印象に残ったことはありますか?」という質問を通して、面接官は「その体験を通して学生自身が何を得たのか」を聞きたがっています。
そのため、「学生時代の○○な体験が印象に残っています」だけでは、そもそも回答として不十分なのです。

つまり、自分がどういう経験を得て、そこから何を学んだのか、そしてそれは実生活や人生観にどういう影響を与えたのかということまでが1つの回答ということになります。
回答が重複しているからこそオリジナリティを出すチャンスであると捉え、自分の価値観をしっかりと伝える。
それこそが「自分が考えていた回答を他の学生に言われてしまったとき」の正しい対策方法と言えます。

回答にオリジナリティを出すためには、徹底的な自己分析が必要

上記で解説したように、経験から得たこと、学んだことをより具体的に表現するためには、より時間をかけて自己分析をする必要があります。
以前、就活コラムにて、「過去のエピソードから見える本当の自分」を見つけるための自己分析方法を紹介しました。
「自己分析方法が分からない」「もっと踏み込んだ自己分析がしたい」という方は、是非、そちらの記事も参考にしてみてください。

【関連記事】
⇒ 何故、新卒就活で自己分析が重要と言われているのか

【2】面接官から急に話を振られたとき

これも、集団面接中によくあることの一つです。
他の学生が発言したあと「それについて、あなたはどう思いますか?」という問いかけをされることがあります。
意外なタイミングで突発的に来ることもあるので、しっかりと他の学生の発言も聞いておかなければなりません。
その姿勢こそが、集団面接のポイントになっている「傾聴」の基本といえます。

うなずくだけが傾聴ではない!常に全体の場の流れを把握しながら聞くことが大切

しかしながら、「傾聴」という言葉を勘違いしてしまっている学生さんがやりがちなのが「ひたすらに『うんうん』と頷き続けること」です。
「聴いてますよ感」を出すためなのか、「え?そこで?」というようなタイミングで相槌を打つ学生さんも少なくありません。
不自然さが見抜かれてしまうと、予想外のタイミングで自分に質問が飛んでくる可能性が高いです。


質問の回答に詰まると、「相槌打ってるだけで、話は聞いてないんだ」と思われてしまうことにもなります。
わかりやすく相槌を打つ以上、全体の中で誰がどういうことを話していて、全体の進行・空気感がこうなっている、というところまで把握できていることが求められるでしょう。
このように、「傾聴」を意識するのであれば、正しい方法で実践できるようになっておく必要があります。

【3】他の学生がすごく良いことを言っているとき

他の人が良いことを言っている
他の学生が、自分の考えよりも良いこと言っているとき、「自分も合わせた方が良いのだろうか…」という考えになることがあるかと思います。
ただ、その場の空気に流されて無理に合わせてしまい、考えながら話そうとすると、緊張も相まって上手くまとまらなくなる可能性が高いです。
その結果、自分でも何を言っているのかよく分からなくなってしまい、「やらかした…」と感じる原因にもなります。

集団の中で、「場の空気を読む」ことは大切ですが、無理に周りに合わせてしまうことで失敗してしまうリスクもあるでしょう。

無理に同調せず、自分の意見を述べることも大切

他の人がとても良い発言をしたときでも、もし自分の中で意見がまとまっているのであれば、それを自分の考えとして発言することも大切です。
しかし、「自分の意見こそが正しい!」という意識は持たず、相手の意見を受け止めたうえで、「自分はこう思っています」と述べるのが良いでしょう。
例えば、「それについて、私は〇〇だと考えていますが、Aさんの意見を聞いて『そういう考えもあるのか』と、新しい発見がありました。」という風に述べることができれば、場の空気を悪くすることなく、自分の意見を述べることもできます。
ただ、必ずしもこれが正解であるとは言えないので、時と場合に応じた自分なりの答え方を探すようにしましょう。

 

まとめ:集団面接では「自分にしか出せない回答」と「場の空気を読む力」のバランスが大切

今回は、集団面接の目的と対策方法について紹介しました。
数ある選考過程の中でも、特に集団面接は「周りの学生と比べて良い評価をもらいたい」という気持ちが先行してしまいがちです。
人間なので、どうしても周りの学生と比べてしまうことは多少は避けられないかもしれません。
そのような中、自己分析もそこそこに表面的な取り繕った自分で臨んでしまうと、思わぬところでボロが出てしまい、どんどんうまく行かなくなるという状況に陥ります。

 

集団面接においては、対策本を過信しすぎるのではなく、徹底的な自己分析に裏打ちされた「自分にしか出せない回答」と「場の空気を読む力」のバランスが重要なポイントになってきます。
そのためにも、今回紹介した以下の3つの点は必ずおさえておくようにしましょう。

  • 回答の重複はむしろ、他の学生との差を伝えるチャンスと捉える
  • 場の空気を読むことを意識した「傾聴の正しいやり方」を身につける
  • 無理に同調する必要はなく、自分の意見を述べることも大切

 

他にも、集団面接では、集団の中で学生がどういうポジションを取ろうとするのか、あるいはどういった姿勢で発言するのかという点に、面接官は注目しています。
表面的に対策するのではなく、「自分にしか出せない回答」が、自然に出せるように、より徹底した自己分析を事前に行っておくことが大切です。

 

傾聴という点においては、自分と似た価値観になりがちな友人や知人とばかり話すのではなく、例えば大学の教授やバイト先の店長など、立場の違う人と話す習慣をつけておきましょう。
様々な場の空気感の中で会話することで、「場の空気を読むこと」を前提とした、正しい傾聴のやり方を身につけられるはずです。
また、「周りの空気に流されて失敗した」と感じる学生さんは少なくありません。


確かに、周りに合わせることは大切です。
ですが、同調しすぎて「流されて」しまわないために、しっかりと自分の考えをもって発言出来るようになっておくことが大切です。
あまり対策方法を意識しすぎず、自分なりの答え方をもって、集団面接をより良いものにしましょう!

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る