最終面接の合格フラグ、不合格フラグを面接官の様子から判断する!

最終面接まで行ったらあとは「意思確認」だけだから大丈夫!なんて話も聞いたことがありますが、実際先輩学生の話を聞いてみると、悲しいかな、最終面接で落ちてしまうことは誰にでも起こり得ます。
では、面接官のどんな態度が、OKサインなのか?NGサインなのか?誰しもが気になる最終面接の様子を紐解いてみましょう。

 

そもそも最終面接とは何なのか?

最終面接とは言葉通り「内定までの最終段階」。大抵の会社は役員、場合によっては執行役員・社長が面接を行い、本当にその学生が会社に合うかどうかを見定める場と言っても過言ではありません。
しかも、最終面談まで残った学生は皆あなた同様「優秀」なんです。ただ…企業も採用計画があるので、全員採用したくてもすることができない。
だからこそ、気を抜くことなく十分な下調べや準備を行った上で最終面接に望む必要があります。

 

先輩の実体験。最終面接の合格・不合格フラグとは?

では最終面接を経験したOfferBoxユーザーに、どんな会話が最終面接の場で行われ、どんな時に「内定をもらえたのか」「内定がもらえなかったのか」を実際に聞いてみました!

 

内定をもらえたケース

今回のインタビューから分かったことは、

・「入社後」の話があるかどうか
・穏やかな雰囲気のもと最終面接が行われたか
・早めの内定連絡

が、最終面接から判断できる「内定をもらえるかどうか」の分かれ道だということ。

驚くことに、今回インタビューを行った全員がなんと、面接中からある程度の「手ごたえ」を感じていたそうです。

「内定をもらえた際の面接では、手ごたえを感じていましたか?」

では、実際にどのような点から手ごたえを感じていたのでしょうか。

・良いフィードバックをくれたり、一緒に働くことにポジティブな意見を言われた

・入社後の具体的な話をしていただいたり、自分の回答に大きく頷いてくれた

・終わりの言葉が「また連絡します〜」みたいな軽い感じだったのと、会話の内容が込み入った話だったり、入社後なにをするか、したいかといった具体的な話だったりした

・面接で雑談が混じっていたり、笑っていたりした

・業界の話しかせず、これでどう判断するのだろうと思ったので、おそらくもう合格なんだろうと思った

・うちは内定出そうと思っているけど、来てくれるなら出すよみたいな感じだったから

・深く掘らない上っ面な話が多かったから(もう怪しんでないんだろうなと思った)

・自分の考えや意見に自社のことを絡めて共感してくれる、入社後の具体的な話をしてくれたから

・入社後の具体的な段取り、勤務先(国)の詳細な情報を共有をされたから

・「〇〇さんが君のことを欲しがっているという話を聞いた」と言われたから・給料の具体的な交渉をされたから

・最終面接の内容が薄かったから(良くも悪くも)

・面接官などの態度やメンターの態度が良い意味で急激に変わったから

 

「内定の連絡は最終面接後どれくらいで来ましたか?」

やはり、内定をもらえたケースは最終面接と感じないくらい穏やかな雰囲気であったり、内定通知までの時間が短いということが大きな特徴なようですね。

 

内定がもらえなかったケース

今回のインタビューから分かったことは、

・雰囲気が悪い
・変な緊張感を感じた
・否定的な回答が多い

こんな様子だと、内定がもらえないことが多いようです。
しかも、ほとんどの学生が手ごたえを感じていなかったという回答。

「内定をもらえなかった際の面接では、手ごたえを感じていましたか?」

 

では、受からなかった時はどんな面接が行われ、どう感じていたのでしょうか。

・部屋に入った瞬間に面白くない空気だった。そのせいで変な緊張感の中で話すことを強いられた

・雰囲気が悪く、企業理念に共感していたはずなのに一時的に考えが変わってしまっていて、理念と真逆のことを話していた

・最終面接官であった社長と気が合わず、自分からこの会社は合わないなと思ったので落としてくれてありがとう、断る手間が省けたという感じだった

・最終面接で社長とその他役員2、3名の前で自分で考えた新規事業のプレゼンをしたが、社長には合わなかったので、途中から社長が聞く気がなかったので落ちたと思った。役員の1名は賛同してくれて、社長と役員の間で方向性がバラバラで採用要件が共通ではなかった

・心ここにあらずで、こちらの話を聞いていない

・掘った挙句、最後諦めたように終わったため

・自分の考えに対して否定的な回答をしてくる。「俺も若い頃そうだったけど、実際そうもいかないよね(笑)」など。面接官の相槌やレスポンスがほぼない

・理念と性格診断テストの結果がそぐわないと言われた

 

最終面接官の態度や不穏な空気感が、総じて最終面接から判断できる落ちてしまう大きな特徴なようですね。

 

誰しもが内定をもらう前に経験する最終面接。
インタビューに協力してくれた多くの学生が「内定をもらえない」経験をしたのち、最終的に運命の企業に出会えたようです。
先輩の中には、
「最終面接で落ちるということは自分がそこで働いても幸せになれないということ。もっと合う会社があるんだろうと前向きに捉えるようにしていていました!」と言っていた方も多くいました。
と言っても、やはりできることなら内定を勝ち得たいですよね。
そのためにも今までに話した内容や、会社のことを再度調べるなど十分な用意をしたうえで、最終面接に望むようにしましょう!

 

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る