採用コンサルティングのおすすめ会社は?メリットや選ぶポイントを解説!

自社で採用活動に取り組むとき、どうすればよい人材を確保できるかと悩む人事担当者も多いでしょう。

そうしたときに採用活動に取り入れたい手法が、採用コンサルティングです。

本記事では、企業が採用コンサルティングを取り入れるメリットやおすすめの採用コンサルティングサービスについて解説します。

採用コンサルティングとは?

新卒・中途採用コンサルティングとは?

新卒・中途採用コンサルティングとは、人材を確保するために様々な提案をして、採用活動を手助けしてくれるサービスのことです。サービスを利用する企業の状況に応じて、採用に関する様々なノウハウやトレンドなどを活かし、採用活動を全面的に支援してくれます。

企業自身で採用活動を始めたとしても、採用に関するノウハウがなかったり、専任の採用担当者がいなかったり、目標とする採用人数に届かなかったりと、様々な問題を抱える可能性は十分にあります。

昨今では人手不足に陥っている企業が増加している傾向にあることから、採用コンサルティングサービスを利用する企業が増えています。

採用コンサルティング会社は、いわば採用活動のプロフェッショナルです。そのサービスを利用することで、効率よく自社に合った人材を採用できるでしょう。

企業が採用コンサルティングを活用するメリット

卒・中途採用コンサルティングのメリット

新卒・中途採用コンサルティングサービスは、自社では検討できなかった採用活動の戦略案を提案してくれます。さらに、最新の採用トレンドにも対応できたり、見えない課題についても教えてくれたりするなど、様々なメリットがあるでしょう。

例えば、自社が求めている人材を上手く採用できない場合、どの部分がネックになっているのかをわかりやすく説明してくれます。

採用活動に採用コンサルティングサービスを取り入れることで、優秀な人材を採用しやすくなる効果が期待できます。ただし、依頼する業務内容や会社によって費用相場も大きく違います。

費用相場は以下のとおりです。

選考フロー設定

30万円~

求める人物像設定

30万円~

面接評価基準設定

50万円~

スケジューリング

30万円~

ブランディング

100万円~

ここでは、新卒・中途採用コンサルティングサービスのメリットについて説明していきます。

採用の戦略案を提案してくれる

企業によって採用したい人材は大きく違います。どれだけ自社に合った人材を採用したくても、その人材を効率よく採用できるノウハウがなければ、どのような採用活動を進めてもうまく結果が出ないでしょう。

採用コンサルティングサービスを活用すると、自社に合った採用の戦略案を提案してくれます。それぞれの企業の経営方針における採用活動の目的を明確にした上で、採用したいターゲット層を設定できる点は大きなメリットといえるでしょう。

採用の戦略案を上手く活用できれば、非効率的な採用活動を進めることがなくなります。

最新の情報を得られる

採用活動を進めるにあたって、本年度の採用活動における最新情報はチェックしておかなくてはなりません。採用状況は年々めまぐるしい変化を続けており、その都度対応する必要性があります。

ただし、採用状況に対応し続けることはとても困難です。特に他の業務で忙しい採用担当者が、最新の情報を把握して対応することは厳しいでしょう。

採用コンサルティングサービスを利用すれば、その年度の採用手法におけるトレンドや、学生の動向、競合他社を分析してくれるため、新しい採用手法を取り入れた採用活動ができるようになり、今まで見落としていた課題も解決可能です。

採用コンサルティング会社では常に最新の情報を追いかけて取り入れているので、その年度に合わせた最新の採用手法による効率的な採用活動を提案してくれるのが強みです。

見えない課題を教えてくれる

採用コンサルティングサービスを利用すれば、企業が抱えているはずの見えない課題についても教えてもらえるメリットがあります。

採用活動の全ての項目に自社で取り組んでいる場合、採用活動の計画を客観的な視点から立てられていないケースがほとんどです。特に、近視眼的になっていることが多いなかでは、採用活動において先に解決するべき課題があることに気づけないでしょう。

採用コンサルティング会社に依頼すると、自社の採用活動を客観的に分析してくれるのが大きなポイントです。自社では気づけなかった課題について教えてくれるので、より効果的な採用活動を進められます。

また、本質的なアプローチをしてくれるため、より高い成果を実感できるでしょう。

おすすめの採用コンサルティング会社10選

おすすめの新卒・中途採用コンサルティング会社5選

採用コンサルティング会社には様々なメリットがあるので、それぞれを比較することが大切です。新卒・中途採用コンサルティング会社を利用したい場合、どのような会社を選べばいいのでしょうか?

ここでは、下記の10社をピックアップして解説します。

  • 株式会社カケハシ スカイソリューションズ
  • 株式会社ネオキャリア
  • 株式会社クイック
  • 株式会社ジーズコンサルティング
  • 株式会社Legaseed
  • 株式会社キャリアマート
  • 株式会社船井総合研究所
  • 株式会社人材研究所
  • 株式会社トライアンフ
  • 株式会社リスペクト

株式会社カケハシ スカイソリューションズ

株式会社カケハシ スカイソリューションズは、採用から育成、定着までをワンストップで支援するオーダーメイド提案型のサービスを展開しています。

採用業務のアウトソーシングや、求人広告の作成、インターンシップの企画実施、採用ツールの作成など、幅広い手法の中から、自社の課題に合わせて最適なソリューションを提供。

採用活動後の業務に手間取っている企業にとって、入社が確定するまでサポートしてくれるのは大変心強いでしょう。計画した採用活動を必ず実行に移すだけでなく、並行して市場動向に応じた施策の追加や変更を随時提案してくれるなど、常に抜かりがない採用活動を後押ししてくれます。

株式会社ネオキャリア

株式会社ネオキャリアのオリジナルコンサルティングでは、企業が抱えている課題に対してカスタマイズされた完全オリジナルの採用企画を開発・提案してくれます。

1万社を超える支援実績を持っており、自社の課題に合わせてどの企業とも被らない企画を提案してくれるので、自社の経営方針を存分に活かした採用活動が進められるでしょう。

株式会社クイック

株式会社クイックは採用、教育、広報・マーケティング、労務など、幅広いサービス内容で一貫性のある提案を実現していることが特徴です。自社に合わせた採用戦略の立案や、求人に合わせた就職サイトの選定、コミュニケーションのコンセプト設計、自社のアピールに必要な様々なコンテンツ制作など、採用活動をトータルでサポートしてくれます。

ただし、採用活動をサポートしてもらってばかりでは、次に採用活動を始める際に再び採用コンサルティング会社に依頼する可能性があるでしょう。株式会社クイックでは、企業のノウハウ蓄積のために採用活動の開始後から、応募状況を定期的に分析・報告してくれることがポイントです。

株式会社ジーズコンサルティング

株式会社ジーズコンサルティングでは、採用の全行程をワンストップで提供してくれるため非常に心強い企業です。もちろん経営理念に基づく採用戦略の構築や、面接官の研修、採用サイトの運営から合否連絡代行なども請け負っているため、全くノウハウがない企業でも安心して採用活動を始められます。

必要なサービスだけを選択して依頼できるため、自社に足りない部分を補うことも可能です。さらに、自社をもっと効率よくアピールできるように、動画コンテンツのノウハウを活かした動画制作も請け負っています。

採用活動に必要な様々なツールの企画・制作も請け負っているため、自社をアピールする方法は多岐にわたるでしょう。

株式会社Legaseed

株式会社Legaseedでは、業種や業界、地域性を考慮した上で、企業に合わせたオーダーメイドの採用設計ができます。採用活動に取り組むといっても、業種や業界、地域性などの様々な要素によって成果や効果なども大きく違います。

それらを考慮せずに採用活動を続けていても、スムーズに採用活動ができない可能性があるでしょう。

その他にも、株式会社Legaseedでは内定と同時に入社に向けて戦力化を果たす育成システムを構築してくれるのもポイントです。自社に合わせた育成システムの構築により、新卒・中途採用者を即戦力として活躍させられるでしょう。

株式会社キャリアマート

キャリアマートでは、企業の特性や待遇、キャリアプランといった項目を分析し、ターゲットに最も効果のある訴求を織り込んだ採用施策を強みとしています。戦略立案だけでなく、市場動向に合わせた改善提案や内定者フォローまで任せられる点も特徴です。

また、コンサルティング以外にも採用アウトソーシングや人材紹介、ツール制作など様々な支援を行っています。採用に関わる業務をトータルで依頼できるため、人手やノウハウが足りない会社におすすめです。

株式会社船井総合研究所

船井総合研究所の特徴は、Webを活用した母集団形成やSNS採用の導入、新卒採用における学生との早期接触など、採用市場のトレンドをおさえた戦略立案です。内定辞退への対応や他社との差別化など、採用活動のアップデートを得意としています。

なかでも支援実績が多いのが、中小企業や地方企業、不人気業種・業界の採用活動です。合計10,000社以上の支援実績やデータをもとに、採用ブランド戦略を立案しています。

株式会社人材研究所

人材研究所では、20,000人以上の面接データベースや心理学・組織論の知見を活用した独自の採用手法で組織人事・採用戦略の支援をしています。戦略立案だけでなく、人事・採用に関する細かなテクニックやナレッジを持っているところも強みです。

サービス面の特徴としては、1回完結の診断型コンサルティングを提供している点があげられます。データ分析によって採用課題を抽出し、優先順位をつけた改善提案をしてくれるので「まずは現状分析だけお願いしたい」という会社でも依頼しやすいでしょう。

株式会社トライアンフ

トライアンフは、コンサルティング会社の理論とアウトソーシング会社の実行力を融合させ、人事に関するソリューションを提供している企業です。採用戦略の立案や課題分析だけでなく、採用実務の実行までトータルで支援することで、安定した採用活動の実現を目指しています。

コンサルティングの特徴は、企業それぞれの採用課題を見極めた「オーダーメイドの採用戦略」を重視している点です。パッケージ化されたサービスではなく、解決すべき課題に対して最適な実行計画を組み立てています。

株式会社リスペクト

リスペクトは、マーケティング支援をコア事業としていることから、ターゲットに的確にアプローチし、自社への興味を喚起する採用プロモーション施策の立案を得意としています。クリエイティブ部門を自社内に持っており、採用サイトやパンフレットといった制作物のクオリティが高いことも特徴です。

また、人事向けのメディアやフリーペーパーを運営しており、人事・採用に関するトレンド情報やノウハウを広く収集している点も強みといえます。

採用コンサルティング会社を選ぶ際に確認したいポイント

採用コンサルティングをどの会社に依頼するかによって、得られる成果は大きく変わってきます。コンサルティング会社を選ぶ際のポイントを紹介します。

支援の実績を確認する

まずは、過去のコンサルティングにおける支援実績を確認しましょう。

手軽な方法としては、会社のホームページで公開されている実績を確認することです。「支援社数○○社以上」「応募数平均○%増加」といった数値や、実際のクライアントの導入事例が掲載されている会社は、信頼性が高いと考えられます。

また、契約前のヒアリングでもどのような企業の支援実績があるか直接質問しましょう。特に、自社と同業種・同規模の支援実績が豊富かどうかしっかり確認してください。

支援してくれる範囲を確認する

依頼できる業務範囲は、コンサルティング会社によって異なります。課題抽出や戦略立案だけを提供する会社もあれば、内定者フォローや入社後の研修まで任せられる会社もあります。なかには、採用業務のアウトソーシングや人材紹介までトータルで依頼できる会社もあり、千差万別です。

依頼できる範囲によって、自社内で用意すべきリソースも異なってきます。依頼範囲が戦略立案までなら実行にかかる人手を自社で用意する必要がありますし、アウトソーシングまで可能であればコア業務にリソースを注力できます。自社の求める支援範囲を明確にし、マッチするサービスを選びましょう

自社の採用課題にマッチしているかを確認する

コンサルティング会社の得意分野と、自社が解決したい採用課題がマッチしているかの確認も重要です。

この記事で紹介したコンサルティング会社でも、採用データの分析を強みとする会社や、ノウハウ・ナレッジが豊富な会社、制作物のクオリティが高い会社など、それぞれ多様な強みを持っています。

また、業種や会社規模といった軸でも得手不得手があるでしょう。候補のコンサルティング会社の強みや得意業種・会社規模を分析し、自社とマッチしているかよく検討してください

分析や効果検証があるかどうかを確認する

採用施策の効果を高める上で重要なのは、施策実施後の分析や効果検証です。綿密な調査をもとに採用戦略を立案しても、期待した成果と実行した結果には必ずズレがあるものです。そのズレがどうして発生したのか、どこを改善すれば理想の採用が実現するのか振り返りを行わなければ、せっかくの戦略も形骸化してしまいます。

「定期的に振り返りの機会を設けているか」「分析結果はレポートにして提出してくれるか」といった観点でも、支援内容を確認しましょう

人材採用を強化するならダイレクトリクルーティング活用もおすすめ

採用コンサルティング会社は、過去の支援実績から得た採用データやノウハウを持っています。自社内に経験豊富な採用担当者がおらずノウハウを持っていない会社は、コンサルティング会社を活用すると、自社に最適な採用戦略を提案してもらえるでしょう。社内では見えなかった採用課題に気付き、より効率的な採用活動の実現が期待できます。

人材採用において自社が求める人材へのアプローチを強化するなら、OfferBoxがおすすめです。OfferBoxは新卒採用に特化したダイレクトリクルーティングサービスで、新卒オファー型就活サイト<5年連続>学生利用率No.1(※)。登録している約18.5万人の学生のなかから自社が求める条件に合う人材を絞り込んでピンポイントで直接オファーを送ることができます。導入・運用にあたっては専任のカスタマーサクセス担当者が伴走し、採用課題の整理や学生のターゲット設定のサポートまで実施します。ご利用に興味をお持ちの方は以下の資料をご覧くださいませ。

※HR総研/ProFuture株式会社 2018〜2022年調査(2019〜2023年卒学生対象)

はじめてのダイレクトリクルーティング-新卒採用編-
はじめてのダイレクトリクルーティング-新卒採用編-
「ダイレクトリクルーティング」の特徴やメリットから活用事例までをわかりやすくまとめ直したお役立ち資料を提供します。
人事ZINE 編集部

人事ZINE 編集部

新任人事の悩みに寄り添うメディア「人事ZINE」の編集部です。 人事の方々の業務に役立つ情報を発信しております。