新卒採用における適性検査とは?|導入するメリットやおすすめの適性検査の種類を紹介

近年、採用活動において「適性検査」を導入する企業が増えています。

社会人経験のない学生を雇用する新卒採用では、入社後に活躍できる人材かどうかを見極めるために適性検査が大いに役立ちます。

しかしながら「自社に合う人材を獲得するためには、どのような適性検査が必要か」「そもそも適性検査を活用する意味があるのか」などの疑問を持つ人事担当者もいるでしょう。

そこで本記事では、新卒採用の適性検査を導入するメリットを解説していきます。適性検査でわかることや、おすすめのサービスも紹介しているので、導入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

適性検査とは|自社が求める人材かどうかを判断するための検査

自社が求める人材かどうかを判断するための適性検査

適性検査とは、応募者の学力や能力、性格の傾向などを把握するために実施される検査のことです。

採用活動において、適性検査の結果をもとに「自社の理想とする人材かどうか」を判断する企業は多いでしょう。特に、社会人として未知の可能性を秘める学生を評価するためには、適性検査が大いに役立ちます。

適性検査のサービスによっては単に能力を測定するだけでなく、受検者に適した職種を予測できるものもあります。

エントリーシートや成績証明書だけではわからない応募者の本質が測定できる点は、適性検査を実施する大きなメリットといえるでしょう。

適性検査で測定できる3つの要素

適性検査で測定できる要素は、以下のとおりです。

  1. 性格的な要素
  2. 学力・能力的な要素
  3. 興味・関心に関する要素(価値観やキャリアビジョンなど)

これらの要素は採用するかどうかの判定基準となるほか、入社後のリスク判断にも活用できます。適性検査の結果が全てではありませんが、選考の目安づくりや人材のマネジメントにも有効です。

また、データが蓄積されれば退職者の傾向分析にも役立つので、人事領域では幅広い用途が期待できます。

新卒採用で実施する適性検査の種類

新卒採用で実施する適性検査の種類

新卒採用の適性検査では、おもに受検者の性格的な要素と学力・能力的な要素を参考にします。

ここからは新卒採用で重視すべき適性検査の種類を解説していきます。

種類1.性格検査

適性検査では、性格の傾向や行動の特性がわかります。

設問の回答により、協調性がある・責任感が強い・物事を慎重に決断するなど個々のパーソナリティを判断。サービスによってストレス耐性が測定できるものもあり、ストレスに強い人材の採用や育成にも役立ちます。

人間性や考え方など、職場の雰囲気に順応できるかどうかを評価できる点が性格検査の大きな特徴です。

種類2.能力検査

能力検査では、業務に必要な知識や技術を習得する能力があるかどうかを測定します。

新卒採用の難しいところは、優れた成績の学生が入社後に必ずしも活躍できるとは限らない点です。学歴や資格は1つの選考基準となりますが、その能力が実際の業務で活かせるか(または活かせる職場環境であるか)は未知数でしょう。

実務では、業務をこなすための思考力や対応力が問われます。能力検査では論理的に物事を考えられるか、正確に作業できるかなど実務に必要な能力が総合的に測定されるため、採用する学生が実際に業務に取り組んでいけるかどうかを測る1つの基準になります。

新卒採用では適性検査を実施する目的を明確にすべき

新卒採用では適性検査を実施する目的を明確にすべき

新卒採用での適性検査を導入する目的は、企業によって異なります。

大半の場合、入社後に活躍できる人材かどうかを見極めるために活用されます。しかし近年は、適性検査の結果をもとにフィードバック面談を実施して、学生と接触する機会を増やそうとする企業も多いです。

入社前から企業と関わりを持つことで、学生は「親身な会社で安心できる」とポジティブな印象を抱くでしょう。企業としての評価が上がれば、結果として応募者数の増加にもつながります。

学生を呼び込むことを目的とするならば、適性検査は早めのフェーズで実施すべきです。早い段階でターゲットを惹きつけられれば、採用辞退の防止にも一定の効果が期待できます。

新卒採用で適性検査を導入する際には、単に適性があるかを見極めたいのか、それとも応募者を集めたいのかなど、目的を明確にすることから始めましょう。

「自社に合った人材を採用したい」「人材要件の定義や参考事例が知りたい」という方は、こちらもご覧ください。

参考:人材の要件定義はなぜ必要?社内での活用のために知っておきたいメリットとその方法

新卒採用における適性検査の実施方法

新卒採用における適性検査の実施方法

新卒採用の適性検査は、Web受検または紙受検で実施されるのが一般的です。

サービスによって外部の会場で検査を受けるテストセンター受検という方法もあり、それぞれメリット・デメリットが以下のように異なります。

メリット デメリット
web受検

・どこでも受けられる
・ システムが集計結果を出すため手間が少ない

・不正行為が起きやすい(身代わり受検など

紙受検

・不正行為が起きにくい

・結果の集計に手間や時間がかかる

テストセンター受検

・運営元が監督・集計を実施するため手間が少ない

・コストがかかる
・ 学生の移動負担が大きい

新卒採用に役立つおすすめの適性検査5選

次は新卒採用に役立つサービスを見ていきましょう。

ここからは適性検査におすすめのサービスと特徴、コストなどをまとめて紹介していきます。

eF-1G(エフワンジー)|業界最多194項目で高精度な測定を実現

費用

・月額料金/9,800円
・ 性格診断+能力テスト/3,000円
・ 性格診断のみ/2,000円
・ 能力テストのみ/1,000円

eF-1Gは新卒採用はもちろんのこと、初期配属や人材の育成、マネジメントにも活用できる適性検査です。

194の測定項目で受検者の傾向を細かく分析し、精度の高い測定ができます。導入により内定辞退率が2割も低減した企業もあり、採用力を高めたい企業に大変おすすめです。

採用課題や利用目的によってカスタマイズもできるので、採用方法にこだわりがある企業でも柔軟に利用できます。

eF-1Gは「逆求人型就活」で知られるOfferBoxでも導入されています。個々の特性や職種・部署ごとの傾向を把握することにより、自社が求める学生へピンポイントにオファーできるようになりました。

参考:https://e-falcon.co.jp/ef-1g/

3Eテスト|受検者の「中身」を見極めて理想の人材獲得につなげる

費用

web受検
・ 1年間のパックプラン(20件)/70,000円
・ 1カ月間の従量プラン/基本料金:1カ月15,000円、採点料1件3,200円
マークシート方式
・ 2年間1セット(20部)/70,000円

3Eテストは、求人情報メディアや人材紹介サービスでおなじみの「エン・ジャパン」が提供する適性検査です。

約35分間で知的能力や性格特性、コミュニケーション力がわかり、肩書きにとらわれない内面を重視した採用選考に役立ちます。

Webテストはスマホ受検が可能で、企業と応募者両方の負担を軽減するのにも有効です。国内外6,000以上の企業で導入実績があり、少ない採用コストで理想の人材が獲得できると話題を呼んでいます。

参考:https://jinji-test.en-japan.com/

SPI3|様々な角度から「個」を理解する適性検査

費用

大卒採用向け(性格と基礎能力を測定)
・ テストセンター受検/5,500円
・ インハウスCBT/4,000円
・ WEBテスティング/4,000円
・ ペーパーテスティング/5,000円

大手求人広告会社のリクルートが運営するSPI3。

年間利用社数は13,500社、受検者は203万人(2020年実績)と数あるサービスの中でも、導入実績が圧倒的に多い適性検査です。40年以上かけて蓄積されたデータによって「受検者の内面を深く知ること」をサポートします。

使い続けることで高パフォーマンスな人材に見られる傾向も把握できるため、求める人材の

指標を定めることにも役立ちます。

参考:https://www.spi.recruit.co.jp/

総合適性テストWebGAB|入社時にチェックすべき9項目から職務適性を予測

費用

総合適性テストWebGAB※グローバル対応版
・ 年間利用料/1,200,000円(受検料1,000円)
・ 年間利用料/2,500,000円(受検料500円)

様々な人事施策で知られる日本エス・エイチ・エルのサービスで、新卒採用に特化した適性検査である総合適性テストWebGAB。

知的能力とパーソナリティの両面から、受検者に見られる9特性を診断します。職務適性も予測できるため、採用後の初期配属を決めるのにも有効です。

WebGABは英語での受験も可能なので、グローバル職や世界で活躍できる人材探しにも活用できます。

参考:http://www2.shl.ne.jp/product/index.asp

TPI|25年分のビッグデータから長所・短所を把握する無料のWeb適性検査

費用

タレントパレット導入で無料
・ タレントパレット初期費用:500,000円
・ 月額料金:180,000円〜

80の設問に回答するだけで自分の長所・短所がわかるTPI。社交性や協調性、リーダー指向など個々の特性を細やかに診断し、適正のある職種を把握するのに役立ちます。

TPIの目的は個人の分析だけでなく、人事データの「見える化」によって社員のパフォーマンスを向上させるのにも有効です。これにより離職や採用ミスマッチの防止効果が期待でき、社員と企業の成長へつながっていきます。

TPIは、タレントマネジメントシステムを提供する「タレントパレット」を導入している企業は無料で利用可能です。

参考:https://www.talent-palette.com/aptitude.html

新卒採用に適性検査を利用して自社に合う人材を見つけましょう

新卒採用で優秀な人材を獲得したい場合、適性検査の結果は選考に大きく役立ちます。

エントリーシートや成績証明書では、応募者の内面は正確に把握できません。適性検査の結果と自社のコンピテンシーを照らし合わせることは、現場で活躍できるかどうかを見抜く手がかりとなるでしょう。

適性検査は新卒採用のみならず、人事領域に大きなメリットをもたらします。導入を検討している方は本記事を参考に、自社にマッチするサービスを探してみてください。

人事ZINE 編集部

人事ZINE 編集部

新任人事の悩みに寄り添うメディア「人事ZINE」の編集部です。 人事の方々の業務に役立つ情報を発信しております。