コミュ力に自信がない人が身につけるべき就活の面接に役に立つ力 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

面接01

みなさんこんにちは!
OfferBoxで学生ライターをしている秋山です!

3月、4月と就活が進むとたくさんの選考を受けることになります。選考ステップの中でメインとも言える面接は、特に得意な人と苦手な人にぱっくり分かれるのではないでしょうか?

「ESの作成はどうにかなるけど……面接は……」
という方も少なくないと思います。

僕も面接はあまり得意な方じゃなくて、しゃべれはするんですけど勢いがつきすぎて途中で何言ってるかわからなくなるんですよね笑

そういった就活の面接に不安を感じる人がしがちなのが「自分にはコミュ力がない…就活のためにとにかくコミュ力を上げなきゃ!」という思考です。

でもちょっと待ってください。
就活の面接対策でまず鍛えるべきなのって本当にコミュ力なんでしょうか?

 

コミュ力があれば就活でも面接は楽勝?

大学の入学時期に、出会ったばかりの人とすぐ打ち解ける人を見て
「コミュ力高けーなー」
と思ったことはないですか?

こんな風に、日常生活のコミュ力は
「人と打ち解ける力」
「会話を盛り上げる力」
「相手をノリノリにする力」
こういった能力がある人に対して使っていますよね。実は、話の中身は関係ないんです。

たしかに面接官は初対面の人ですから、初対面の人とすぐに打ち解けられるコミュ力があれば選考に通りやすい気もします。

 

就活にも求められるコミュ力の本質

ここで一回、そもそもコミュ力って何だろ?ってところの話をしましょう。

コミュニケーション能力、略してコミュ力を一言で言うなら「伝達と共感」です。
場の雰囲気を作る力ではなく、「自分の考えを自分の言葉で、相手に分かりやすく、簡潔にはっきりと伝える力」と「相手の話を理解し、それに反応する力」を併せ持って初めてコミュ力になります。
適切に話して、聞いて、反応すればコミュニケーションは自然と回りだすものです。

話は戻って、就活の面接で求められるコミュ力って何でしょう?
初対面の面接官とすぐに打ち解けられたら、面接は合格。打ち解けられなかったら不合格でしょうか?答えはもう分かりますよね。

 

就活の面接を乗り切るためにまず鍛えるべき論理力

人と打ち解けたり盛り上がったりするのは自信ないけど、コミュ力ってそういうことじゃないらしい……なら面接対策はどうすればいいの?

そう思った人の面接対策には、まず「論理力(ロジカルシンキング)」を鍛えることをオススメします!

【ロジカルシンキング】
ロジカルシンキング(logical thinking)とは、一貫していて筋が通っている考え方、あるいは説明の仕方のことである。

引用元:Wikipedia

就活の面接では、志望動機に始まり、会社に入ってやってみたいこと、自分の人生の目的など様々な質問をぶつけられます。それも、日常の会話よりも濃厚な内容を、日常会話よりも短い時間で伝えなければいけません。

面接という限られた時間の中で、自分の考えをはっきりと根拠とともにわかりやすく伝える。このために必要なのが論理力なのです。

 

就活で使えるコミュ力と論理力を伸ばすオススメ法

論理力に関する本や就活生向けのセミナーが大学でも開かれているので、まずはそれに参加してみるのが一番手っ取り早いです。ただなかなかそういう機会がない!という就活生のために、ここからは僕がオススメする論理力のトレーニング方法を紹介していきます。

 

1.新聞コラム要約トレーニング <難易度:★★☆>

MS251_enshinbun_TP_V

けっこう有名なやつなので知っている人もいるかもしれません。新聞の一面に載っているコラムを読んで、内容を1行〜3行くらいに要約するという方法です。

やってみると分かりますが、やり方は簡単でもやってみると骨太なトレーニングです。最初の頃は何が重要なのか、どこをどう言い換えたらスムーズかまるでわからないかもしれないです。

コツとしては、できるだけコピペせず、新しい言葉にしてしまうことですね。そうしないと3行とか無理なので。

これを7日続けたら、初日の要約を見返してください。
「俺こんな下手なまとめ方してたの!?」ってなります。本当になります。

 

2.OfferBox の就活パーティーで練習 <難易度:★★★>

OfferBox Party1

1の新聞コラムで端的かつ明瞭に根拠とともに伝える力を身につけたら、ちょっと難易度を上げていきましょう。やっぱり面接と同じで口で伝えられるようになりたいですよね。
そこでおすすめなのが、立食形式の就活パーティーです。

合同説明会のように一方通行ではなく、人事担当者とお酒を飲みながらその企業のことを聞いたり、自分の特長を伝えられるイベントなので、面接と同じで「論理的に話す」と「話を聞く」を実践できます。パーティ形式なので面接ほど緊張せずに参加できるのが特長です。

就活サイトのOfferBoxの場合は完全招待制なので、事前に登録しておく必要があります。(※2月まで開催されるとのこと)

 

長期休みに新聞コラム滝修行で就活の準備!

ところで大学生には長〜い休みがありますよね?
とくに春休みはどこの大学も2ヶ月くらいあるはずです。
せっかくなのでこの休みを使って論理力を一気にあげちゃいましょう!

修行のメニューはけっこう単純。
先ほど紹介した新聞コラム要約トレーニングを
「1日10コラム×7日」
くらいの量でやってください!

今はネットで検索すれば過去の新聞コラムがいくらでも出てきます。全国紙も地方紙もよりどりみどりなので好きなやつを選びましょう。

これをやればあなたの論理力は確実にアップするはず!
就活が本格化する前に、やって損はないですよ。

 

まとめ

・面接対策で伸ばすべきはコミュ力の前に論理力!

・就活で使える論理力を伸ばすにはトレーニング!

・もうすぐ就活本番!の前の春休みにがっつりトレーニング!

面接官を笑わせても落ちるときは落ちますし、本から借りてきた美辞麗句はすぐ面接官に見破られます。不格好でも自分だけの言葉で話すのが、一番の内定への近道なのです。

それではまたー!

 

【参考:OfferBox 就活コラム】

コミュニケーション力って何? 立場の違う人と話せる力

コミュ障じゃヤバい?!社会人として求められるコミュニケーションとは

服装は?全容は?完全招待制のOfferBox Partyイベントレポート

元ベテランニート秋山健一
小学校2年生で不登校になり、その後22歳までに11年間のニートキャリアを積み重ねる 22歳の冬に一念発起し、1ヶ月の受験勉強で龍谷大学に合格し、現在龍谷大学4回生