東京での就活が充実!地方学生が「時間の価値」を上げる方法 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

KAZ78_yorunotokyo_TP_V

地方就活生の皆さん、こんにちは!

ここのところ、東京での就活が増えてきた人もいるのではないでしょうか。1回東京に就活に行くだけでも、交通費などのお金が結構掛かって困りますよね。

でも、どうしても東京に行く機会は増えていきますし、これ以上節約できるところはなさそう。
……そんな地方就活生の皆さんに、今回は「東京にいる時間の価値を上げる」という提案をしたいと思います。

 

「時間の価値を上げる」とは?

面接やインターンの選考が進んでいくごとに、東京に行く用事が増えるのは仕方のないこと。それに伴ってお金が掛かってしまうのも、ある程度は仕方がありません。

そんな時に色んな工夫をすることによって時間の価値を上げる、つまり、同じ滞在時間でもより「濃い」時間を過ごせば、相対的に費用対効果は上がります。言い換えれば、「どうせ同じお金を掛けるなら、目いっぱい充実させよう」ということです。

それでは、そんな時間の価値を上げる方法を見ていきましょう。

 

1.日程調整に気をつかう

たった1社のためだけに東京に行くのはもったいないですよね。
そこでまず考えるべきは、複数の企業の選考を組み合わせること。
そのためには日程調整の段階で工夫が必要です。

 

■行く企業の優先順位をつける

まず、志望度によって企業に優先順位をつけておきましょう。
「そんなに興味がないけれど受けている企業」の選考予定を先に入れてしまったものの、本命企業の選考が少し離れた別の日にある……なんてことはよく起こりがちです。
本命企業の選考日程を優先させて、志望度の低い企業の選考はそれに合わせて予定を組むようにしましょう。

 

■人事とうまく交渉する

人事から電話が掛かってきて、その場で日程の交渉をすることも多いと思います。でもそれでは焦ってしまって、あまり都合のよくない日時にOKを出してしまう、なんてことも。
「調整し、後ほど掛け直します」と上手く保留して、電話を切ってから落ち着いて考えましょう。

保留する口実として「ゼミの発表が入るかもしれない」など学業に関する理由を用意しておけば、企業も深く突っ込めないのでオススメです。

 

2.東京の就活イベントに行く

面接やインターン以外に、就活イベントを組み合わせるのもオススメです。東京のイベントでは地方になかなか来ない企業にも出会えます。
また、地方で行き逃した説明会などに行くチャンスもあるかもしれません。

事前にリサーチしておきましょう。

 

3.オフィス街を見て回る

日中に空いている時間があるなら、オフィス街に行ってみましょう。
憧れの会社のランチ時間などにオフィス付近にいれば、その会社の社員さんが実際どんな顔をして出勤しているか、リアルを覗き見ることができます。

また、自己分析・会社分析のために、その街で働く自分を想像してみるのもいいですね。

 

4.次に来る場所の下見

本命企業の面接で迷わないよう、まだ行ったことのない場所の道順を確認しておくのも大事です。
「ここは電車に乗らなくても歩けるな」など、おトクな発見もあります。

 

5.人と会う

せっかくですから、普段会えない人に会っておくのもいいですね。

 

■東京の就活友達

サマーインターンなどで、東京に友達ができた人もいると思います。
東京の学生の方が、説明会やイベントで出会う企業の数が多く、それに伴って企業からの生の情報に触れる機会も多いもの。
会って話を聞くと新たに知ることもたくさんあります。

 

■就職した先輩

東京に就職した先輩に、就活の相談をするのもいいですね。行きたい企業に勤める先輩には、ぜひ積極的に会っておきましょう。
OB/OG訪問も大事ではありますが、近しい先輩の方が気軽に相談できますよ。

 

6.遊ぶ

予定が終わって時間が空いたら、思いっきり遊んでしまうのもアリです!イベント、地方でやらない展示会、話題のスポットなど、行きたいところはありませんか?

ストレスをうまく発散するのも、就活を成功させるのに必要なことですよ。

 

まとめ

決して無理はしないようにしてほしいですが、せっかく東京に行くなら「行って良かったな」と思えるようにしたいですよね。

うまく工夫して、充実した東京行きになるように願っています!

つっきー
ベンチャーだけに絞って就活し、OfferBox経由で内定をもらった17卒。女子就活生ならではのお悩みも解決していきたいです!特技はどこでも寝られること、趣味はおいしい親子丼を食べ歩くこと。