OB/OG訪問の服装に迷ったら|業界別で考えるOB/OG訪問に最適なコーディネート3選

OB/OG訪問は、就職先の雰囲気などを実際に働く方に聞きながら、参考に出来るものです。
OB/OG訪問がきっかけで、内定が取れたというエピソードも多くあります。

 

面接などに比べると場の雰囲気は比較的ラフなのですが、OB/OG訪問の場での「話し方」「服装」が結果を大きく左右する場合がありますので、本記事では、何故服装で結果が変わるのか、その理由について説明致します。

また、訪問先からの服装の指定があった時、もしくは指定がなかった時の服装の選び方について、男女別に紹介致します。
OB/OG訪問の予定がある方、検討中の方は是非参考にしてみてください。

 

OB/OG訪問の服装が重要な理由

OB/OG訪問は、いわば話しやすい距離にある人とする企業面接のようなものです。

自分自身が聞きたいお話を聞きに行くだけが目的ではなく、相手もまた企業の一員として「この人はうちで頑張っていけるだろうか」というところを見ています。
具体的には、「話し方」や「服装」、「姿勢」といった部分が見られていると言えるでしょう。
なので、当日の服装はしっかりと選ぶ必要があるのです。

では、一体どのような服装が適しているのでしょうか?

 

OB/OG訪問の服装はスーツが基本!私服指定・指定がない場合は?

OB/OG訪問の際は、スーツの着用が基本です。
リクルートスーツをお持ちであれば、着用するようにしましょう。

OB/OG訪問のアポイントの連絡の際には、以下の様な指定がある場合があります。

 

  • スーツでお越しください
  • 私服でお越しください
  • 当日の服装は自由です
  • 指定なし

 

メールの場合文面で残っているので後からでも見返すことができますが、電話で指示を受けた際には、必ずメモを残しておくようにしましょう。
対応方法を簡単な表にしておりますので、こちらも参考にしてみてください。

 
それでは、指定があった場合の詳しい対応方法を順に紹介していきます。

スーツでお越しくださいと言われた場合

これは言うまでもなく、スーツを着用して行きましょう。

企業側から服装選びで迷っている学生に向けて配慮をされているとも考えられます。
企業によっては「スーツの着方」を評価ポイントとして考えていることもあります。

 

私服でお越しくださいと言われた場合

企業側の思惑として「ありのままのあなたの姿勢が見たい」という可能性が考えられます。

スーツを着ることで、「面接の姿勢」が表面に出るので、どうしても「本音の部分」が隠れてしまいます。
企業として「リラックス出来る服装で、本音や本当の気持ちを引き出したい」と考えていることもあります。
しかしながら、あまり派手な服装で行ってしまうと、訪問先の方も一歩引いてしまう可能性があります。
企業によってはビジネスカジュアル(オフィスカジュアル)な服装で行くのが無難かもしれません。

 

服装自由・私服でもOK

これはある意味「指定なし」とも言えるでしょう。

この文言を見て悩まれている方も居るのではないでしょうか。
実際、この場合の服装選びはとても難しいです。

企業側の考えとして「服装などは気にせず、気軽に面接に来てほしい」と素朴な理由をもっていることもあるでしょう。
しかし、「どのように対応してくるか」というアドリブ力を試していることもある為、明確に「この服装で」とは言いにくいです。

業界に対しての勉強をしっかりとして、「この人となら一緒に働けそう」と思って貰えるような服装を心掛けるようにしましょう。

業界による違いに関していうと、例えば「アパレル業界」であればトレンドなどを取り入れているか、どういったセンスを持っているのかという部分を見られますし、
そこが大きなポイントになっていることがあります。

デザイナー職など、クリエイティブな職種の場合も「個性をどう出してくるか」を見ている企業が珍しくありませんので、企業のWebサイトなどから雰囲気を把握しTPOの範囲内でオシャレな服装を選びましょう。

 

指定なし

服装自由・私服OKとほぼ同義です。

希望する業界の勉強をしっかりしましょう。
TPOの範囲内で、不潔に見える服装は避けてください。

もし、私服には少し自信がないと悩まれているのであれば、無難にスーツで訪問するというのも一つの方法です。
この後紹介する「業界別コーディネート」も参考にしてみてください。

 

業界別で考えるOB/OG訪問に最適なコーディネート3選

ここからは、業界別で見る好印象なコーディネートを紹介致します。

 

本記事で紹介するのは以下の3業界についてです。

 

  • 銀行など保守的な金融業界
  • Web系など新興のIT業界
  • アパレル業界

 

この3つの業界のOB/OG訪問に最適なコーディネートを男女別に紹介致します。
それぞれ方向性がかなり違ってくるので、悩まれている方は参考にしてみてください。

 

銀行など保守的な金融業界に適した服装

金融業界であれば真面目できっちりとした印象がありますよね。
なので、最適な服装として考えられるのは「スーツ」でしょう。
しかし、男性・女性で、スーツの着こなし方が異なります。

ここからは男女別でのスーツの着こなしについて紹介致します。

銀行など保守的な金融業界に適した服装【男性編】

金融業界 コーディネート 男性 

・ジャケットの色

ジャケットの色は、ブラック・ダークネイビー・チャコールグレーが一般的です。

ブラックであれば冠婚葬祭等、就活シーン以外のシチュエーションでも使えるので幅広く使いたい方にはブラックがオススメです。
くっきりと見える柄が入っているものは悪い印象を与えてしまいますので、無地のものを選びましょう。

 

・ボタン

ボタンは数や留め方で印象が変わります。
ボタンの数は2つボタンもしくは3つボタンが一般的です。
金融業界に合わせて真面目できっちりとした印象にするのであれば、シルエットが引き締まる3つボタンのものがオススメです。
1つや4つのものもありますが、それらは祭事用なのでビジネスシーンには適していません。

次に留め方なのですが、リクルートスーツに限らず、スーツのボタンは一番下を外しておくのがマナーとされてます。
その理由は、ボタンを下まで閉めていると座ったときにジャケットのシルエットが崩れてしまうからです。
外し忘れの心配がある方は、常時外しておくのがオススメです。

 

・ネクタイ

柄や色はあまり派手でないものにしましょう。
爽やかで清潔感のあるブルーやダークネイビーのものがオススメです。
グレーなども上品さがあり、真面目な印象になります。

ネクタイの長さはベルトの少し上くらいに調整しましょう。
極端に長い、もしくは短いと、だらしない印象を与えてしまいかねません。

 

・鞄

ブラックで柄の無いビジネスバッグが無難です。
素材も、革を使用した物などにすると、よりフォーマルな印象になるのでオススメです。
A4サイズの紙を折りたたまずに入れられるサイズのものを選んでおくと、資料を渡された際にも対応できます。

鞄の中身は事前に整理しておきましょう。
男性の場合、以上の4点に注意しましょう。
カジュアルな印象を避け、フォーマルな印象を持たせることが大事です。

 

 

銀行など保守的な金融業界【女性編】

金融業界 コーディネート 女性

・ジャケットの色

女性の場合もブラックが無難です。
ダークネイビーなど、少し華やかに見える色も業界によっては好印象なことがあります。

 

・ボタン

全て留めるのが一般的です。

 

・スカートかパンプスか

これはどちらでも大丈夫です。

どちらかを選ぶことで印象が悪くなるという事はありません。
しかしながら、スカート文化が根強く残っているのも事実です。

選ぶ際は好みではなく、違和感がないかといった部分を基準に選ぶのもいいでしょう。

 

Web系など新興IT業界に適した服装

Web業界はデザイナーなど、クリエイティブな職種もあります。
私服OKとしている企業も多いですが、客先への訪問などもある為、あまり派手な服装は適しているとは言えません。
そんな時は、「ビジネスカジュアル」を意識して服装選びをしましょう。

そもそもビジネスカジュアルとは、「取引先への訪問」や「来客対応」が出来るかどうかが基準とされているスタイルのことです。
特徴として、襟付きのアイテムや、清潔感を重視したアイテムで、少しカジュアルだけどビジネスシーンに適したビジネスカジュアルというスタイルが取り入れられている企業もあります。

そんなビジネスカジュアルのコーディネートを男女別にご紹介致します。

 

新興IT業界に適した服装【男性編】

新興IT企業 コーディネート 男性

カジュアルすぎない印象にする為、モノトーン調でまとめたスタイルです。
実際にオフィスで仕事をする場合には、淡い色のジーンズなどで少し崩したスタイルを選ぶことも出来ますが、今回はあくまでも就職活動がメインなので、フォーマルなものをチョイスしました。

パンツは、シルエットが引き締まっているものを選ぶことで、フォーマルさをアップさせることができます。
企業によって判断基準が変わりますので、訪問先のWebサイトなどを見て参考にするといいでしょう。

 

新興IT業界に適した服装【女性編】

新興IT企業 コーディネート 女性

スカート、パンプス等の指定はありませんが、清潔感のある服装を心掛けましょう。
色味は白をメインに、少し季節感のある色味をアクセントとして取り入れてみても良いかと思います。

但し、短すぎるスカートなど、オフィスに適していない服装はNGですので気を付けましょう。
企業によって判断基準が変わりますので、訪問先のWebサイトを見て参考にしましょう。

 

アパレル業界に最適なコーディネート

アパレル業界では、服装のセンスやトレンドの取り入れ方などを評価していることがほとんどです。
メーカーによっては、その価値観が大きく変わることがあります。

「うちではこれを主流にしているのに…」と思われないような服装選びをしましょう。
どういったデザインで、どういった色合いのものをメインに取り扱っているのか、季節毎のリアルタイムな流行の変化に常にアンテナを張り、コーディネートをする必要があるでしょう。
チェーン店やメーカー直販の店舗を希望されるのであれば、取り扱っているブランドやメーカーでコーディネートしてみるのも効果が見込めるかもしれません。

しかし、独創性や個性の面を見られるアパレル業界といえども、訪問に適していない服装があるのも確かです。

 

ここからは、業界に限らずOB/OG訪問で気を付けたいNGファッションについて紹介していきます。

 

気をつけたいOB/OG訪問のNGファッション

コーディネート 悪い例 ラフな服装

私服OKや指定がない場合でも、避けるべき服装はあります。
ここからは、OB/OG訪問の際に避けたほうがいいコーディネートを紹介致します。

 

カジュアルすぎる服

いわゆる「ダボっとしたシルエットの服装」や「部屋着に見える服装」です。
見た目がゆるいので、訪問や面接に適しているとは言えません。
長年使っていてヨレていたり、色褪せていたりする服も避けるようにしましょう。

女性の場合ですと、極端に短いスカートなども良くありません。
ひざ下5cm以上の長めのスカートを選びましょう。

 

ブランドもの

高級なイメージで好印象かと思いきや、面接の場には適していません。
ブランドものには華美な柄のものが多く、重厚なロゴやブランド名から、かえって圧迫感を与えてしまう可能性もあります。
ただし、例外として、アパレルなどでそのブランドの選考をうけるというケースが挙げられます。

バッグや、アクセサリーについての詳しい商品知識などを深く掘り下げて紹介することができれば、好印象を持っていただける可能性もあるでしょう。

 

華美なアクセサリー 

目立つアクセサリーは避けるべきでしょう。
ピアスなども、大きなものは避け、小柄であまり目立たない色味の物にするのがオススメです。

結婚指輪は例外として見てもらえることもありますが、もし心配であれば外しておいても良いかもしれません。

こんな時はどうする?特殊なケースのOB/OG訪問の服装

OB/OG訪問は、同じ大学の卒業生を訪問することがほとんどです。
場合によっては、サークルやゼミで関わりがあった先輩を訪問する事になる可能性もあります。
ここからは、そんな特殊なケースでの服装はどのようにするべきなのかを解説いたします。

 

知っている先輩を訪問する

先述したような「知り合いの先輩を訪問する」ケースです。
仲の良い方であれば、スーツでなくても構わないと言われることもあるとは思いますが、よほど相手が嫌がっていない限りはスーツで行くのが無難でしょう。

私服に近いスタイルであればビジネスカジュアルなど、少しフォーマルな場に向いた服装で行くのも一つの選択肢です。
相手は、訪問先の企業で働く社会人です。
貴重な時間を割いてくれている人に対して、最低限のマナーを守りましょう。
なので、サンダルやTシャツなどのラフすぎる服装は避けるべきです。

 

同じ先輩を何度も訪問する

志望動機やエントリーシートの内容をもっとブラッシュアップしたい時、複数回同じ先輩を訪問することがあります。
そんな場合の服装なのですが、一回目と同じテイスト(スーツであればスーツ)で臨むのが無難でしょう。
何故なら服装の緩みから、態度が緩んでいると見られないとも限らないからです。

気を緩めてラフな服装で行くことがないよう気を付けましょう。

 

休日に訪問する

相手も社会人ですので平日は忙しく、休日しかタイミングがないこともあるでしょう。
その場合、休日に訪問をお願いされることがあります。
「休日だから私服でいいですよ」としてくれる場合もありますが、特に何も指定がない時や、何を着ていこうか迷っているときはスーツを選ぶようにしましょう。

就活をする上で、最も無難で悪い印象を与えることがない服装なので、よほどのことがない限り、適していない場面はありません。

 

夏の暑い日

クールビズの時期ですので、ジャケットは無しでいいかと判断する方もいるかと思います。
しかし、訪問先の企業がクールビズを取り入れていなかったり、ネクタイは着用するような規則を定めている場合に、自分の判断で服装を変えてしまうと悪印象を与えることに繋がります。
最近では「気温が高くなっているので涼しい服装でお越しください」と、就活性に配慮した文言を添えてくれていることもありますが、不安な場合は確認するようにしましょう。
もし、「ジャケットは要らないのかも」と思った場合にも、ジャケットは持参するようにしましょう。

 

冬の寒い日    

寒い日 就職活動 男性    

寒い時期の就職活動では、コート等を着て寒さ対策をするかと思います。
待ち合わせ場所や訪問先に着く前に、マフラーやコートなどは外すようにしましょう。
タイミングは外で会う場合には「会う前」、企業を訪問する際には「建物に入る前」がベストです。
これは、就活だけでなく、働くうえで一般的なマナーなので、覚えておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、OB/OG訪問における服装の重要性と業界別で考えるOB/OG訪問に適したコーディネートについて紹介致しました。
OB/OG訪問の時に服装のことで悩む学生の方は少なくないでしょう。

通常、リクルートスーツを着ていけば悪い印象をもたれることはありません。
ですが、アパレル業界など、少し特殊なケースの場合、スーツが適していない事もありますので注意が必要です。

 

「清潔感」と「就職活動に対しての姿勢」がしっかりと相手に伝わるような服装を心掛け、「この人なら一緒に働きやすそうだ」と思ってもらえるような服装で臨むようにしましょう。

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る